Bio カフェ Melusine

posted on : ◎ カフェ / レストラン

Neukölln(ノイケルン)にある、Bio Cafe’ Melusine
Schönleinstr駅とHermannplatz駅の丁度、真ん中のあたりにあるので、どちらの駅を利用しても良い位置にあります。

melusine01

このお店は最初、友人が教えてくれたカフェで一緒にお茶をした後は場所も店名もすっかり忘れてしまったため、ずっと行く機会がありませんでした。最近、たまたま店の前を通りすぎたところで特徴のあるパープル色にアーチ型の大きな窓を思い出し、外が寒かったのもあって、そのまま入店!

melusine02

店内は手前の部屋に比較的、大きなテーブル。決して広くはない空間ですが、ゆ〜ったりした雰囲気で女性客2名は読書をしていました。

melusine03

そして、奥側はどこかのお宅のリビング・ルームに入ったかの様な、まったりムードの縦長のお部屋。いちばん奥の窓側はソファーが置いてあり、友人同士でリラックスしておしゃべりできそうな雰囲気でなかなか良い感じ。

melusine04

店員さんは自家製スープとケーキをおススメしてくれたのですが、残念なことにお腹がいっぱい状態だったため、ラテ・マキアートのみを注文。美味しかったです!また、飲んでいる途中、数名の顧客らしき方のドリンクお持ち帰り注文で、忙しそうにしていたのでコーヒー類は全般的に美味しいのでは?と思います。

ひとりで読書やお手紙を書くのは手前の部屋。友人同士、ゆ〜っくりお話したい場合は奥の部屋がよさそうだなぁ… と思った素敵なカフェでした。

【注意】残念ながらBio Cafe’ Melusineは閉店しています。12.12.2012

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

ANN’S COFFEE SHOP で朝食を

前回からの続きになります。 旅行中は3食とも全て外食ですませていたので、Santa Cruz

ヴィースバーデンのカフェ 観葉植物だらけ!Café Klatsch

インターネットの無線LANトラブルで、かなり長い間 ネットが使えなかったのですが、その間、近所にあ

アムステルダム PEER PAPER PLATFORM

お散歩中、ひと際目立っていた黒色の外壁のお店。 立て看板には ART BOOKS MAGAZ

ベルリン Prinzessinnengarten に日本のお野菜が!

ベルリンでケータリングをしている okawari のTomokoちゃんが、日本のお野菜を"無農薬"で

広島 美味しいケーキが食べられる quetzal (ケツァール)

初めてquetzal (ケツァール)に行ったのは2015年の秋。 地元の友人に連れて行っておら

並べば良かった!後悔の Brenda’s French Soul Food

「 旅 – America 」の続きになります。 (まだまだ、続きます!) サンフランシスコ

ロザンゼルス Superba Food + Bread で朝食を

「 旅 – America 」 の続きとなります。 サンフランシスコでは、きちんと調べずに外食

小さなお皿でお腹いっぱいになる!Seerose

友人にベジタリアン レストランに連れてってもらいました! このお店の前を何度か通ったことはあるので

パリ CINQ MARS

(2) パリ CINQ MARS でディナー

パリ滞在中は欲しいものだらけでしたが、買い物は殆どなし。折角なので美味しいものを食べて、飲みたいと思

Chez Omar

(7)パリで美味しかったクスクス Chez Omar

店内の様子やカードのみで食事(クスクス)の画像はないのですが、ランチでクスクスを食べた『Chez O

アントワープ旅行 ④ MoMu マルジェラ ザ エルメス イヤーズ

アントワープに行くのであれば、ココへは絶対に... と心に強く決めて

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top