メリタのコーヒーフィルターとケメックス

posted on : ヴィンテージ記録帳

ヴィンテージ・メリタの陶器製フィルターをオンラインショップ
DILL objects / 現在リニューアル中 )で販売していた事を知っていた夫婦が、この白ベースの101(3つ穴)をプレゼントしてくれました。

家族から譲り受けたものだそうです。

ロゴの文字の部分はネイビー。いただく前に話で聞いていたとおり、使用感はなく全体的にとってもキレイです。

このフィルターは使用せず、キッチンの棚に飾ってます。

101-01

先日、日本ではハンドドリップでのコーヒーの注目が再び集ってるらしいよ!と友人が教えてくれました。

そういえば、オンライン・ショップでヴィンテージ・メリタの陶器製フィルター販売をはじめた頃、日本では『シアトル系コーヒー』が根強く人気だったのを思い出したのでした。

運良く、ハンドドリップコーヒー党の方々(圧倒的に男性の方が多いです)が、リピートで購入して下さったおかげで、コンスタントに様々な色や型、素材(アルミ)仕入れる事ができました。感謝しています。

余談ですが、プラスチック製のフィルターは一度も販売した事はありません。リニューアル後もないです。プラスチック製に熱湯を注ぐ行為が私自身、抵抗があるためです。

101-02

それにしても、ハンドドリップのコーヒーは本当に奥が深いです。
いろいろ試して勉強したいと思っています。

私が20代の頃、ディスプレイデザイナー(百貨店やなどのショーウィンドウをスタイリング)の方の家に遊びにいった際、出してくれたコーヒーが『ハンドドリップコーヒー』

キッチンに立つ彼女の作業を横からずっと見てたのですが、お湯をゆっくりと2~3回に分けて加えます。もちろん使用していたのはドリップ用のポット。

湯気とコーヒーの香り漂う空間…
良い思い出です。

そういえば、オンラインショップのお客様で CHEMEX(ケメックス)を持っていますか?持ってないのであれば、オススメですよ。という内容のメールを頂いた事があります。

コーヒーだけではなく、お茶にも使用できる事が良いのだとか。

実は20歳の頃、アルバイト先のお店で『ケメックス』を販売していたので、買うチャンスはいくらでもあったのです。

ただ… 洗う時は革ひもとハンドルを外さないといけないし、今ではネットでも簡単に購入できるので困りませんが、ケメックスのペーパーフィルターがなくなった後、入手できる場所が非常に限られていたのが問題でした。(しかも通常のペーパーより高い!)

こういった理由で長〜い間、避け続けていたのです。
ただ最近になって、ガラスハンドルのタイプもあるし、購入を真剣に考えてみようかなと思ってきたのでした。

You might also like

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと

(旧) 東ドイツ製 GDR イエナグラスのビーカーとフラスコ

初めて(旧) 東ドイツ製 GDR イエナグラスのビーカーとフラスコを『実物』でみた場所、それは Ka

久々にお皿を購入

数年前に日本に帰国した際、実家におきっぱなしにしていた和食器類を持ってベルリンに戻った以降、食器を購

ヴィースバーデン eigenart7 ヴィンテージ ストア

ベルリンだと多い、ヴィンテージを扱うインテリア ショップ。 私はベルリン時代、蚤の市だけではなく、

大好評だった ヴィンテージ メリタ の小皿

実は、販売するにあたって心配していたヴィンテージ メリタの動物・昆虫シリーズ。 陶器製コーヒー

アントワープ旅行 ⑦ アントワープの蚤の市

かなり以前に「アントワープの蚤の市はいいよ〜!」と 聞いた事はあったのですが、今回  "初" のア

HARIO (ハリオ) のコーヒーミル・セラミックスリム 検証と感想!

去年からベルリンのカフェで販売しているのを見かける日本のHARIO(ハリオ)製品。 さすがにカ

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

ヴィンテージ メリタでひとりコーヒータイム!

あなたはコーヒー党?それとも紅茶党? 私はコーヒー党です。いわゆるダージリンやアッサム等の定番

ヴィンテージ ネコグッズ

新しいカテゴリ『ネコ・グッズ』を作ろうと、商品を集めております。 一応、生産国は限定せず、とりあえ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top