ヴィンテージ メリタ アルミニウム製 ドリッパー

posted on : ヴィンテージ記録帳

ここ数週間、毎朝使っていた陶器フィルターをお休みさせて、新たに使用しているのが
「メリタ アルミ製 ドリッパー」予想していた以上にコーヒーが美味しかったので新たに1点ほど仕入れ、DILL objects で販売しよう!と決めました。

しかし、問題点が。

1a-01

ドリッパー専用のペーパー「1a」は現在
販売されていないのです!

1a-02

1番似ているタイプだと同じ円形で「1」しかし、1aよりもかなり大きいのが問題。

1a-03

「1」でどうにか代用できないか実験開始!通常、ペーパーは上に置くのですが、大きいので敷く事ができません。だとしたら逆にしてみては?味は落ちていないか?等、飲み比べまでしてみましたが… (下画像は実験で正しい使用方法ではございません!)

1a-04

私はオオ馬鹿でしたね。この「1」はドイツでは販売しているのですが、日本では未発売なのです。(個人輸入してるお店は別として)できれば大型スーパーで簡単に購入できる環境であれば良いと思っていました。最初に調べるべきでしたね。

ベトナム式コーヒーに似ているのですが、穴は小さくないのでどうしてもペーパーは必要です。そこで考えたのが、ヴィンテージの1aペーパーを30枚ほど無料でつけ、今後はヴィンテージの1aペーパーの未開封を別途、販売しようと思っています。1箱100枚入りです。

1a-05

使用方法

1. 穴が細かい(多い)方を筒内の底置きます。

2. ペーパーを敷きます。敷いてすぐにコーヒーの粉を入れません!ココがポイントなのですが、お湯を入れてペーパーを濡らします。そうするとピタリと密着するのです。

3.その後コーヒーを入れます。1人分なので1カップです。穴が少ない方を乗せてお湯を注ぐのですが、この穴が良いポイント。これがあるおかげでお湯がまんべんに落ちるのです。専用コーヒー・ケトル (先が長くて細いタイプ) をお持ちでない方にも美味しいコーヒーが出来ます!

4.途中にフタを使用して蒸らす人と、使用方法はいろいろあると思うのですが、私は最後の時点でフタをしてます。絶対にこうでないといけない!というルールはないので色々、試してみてください!

注意点

○ 皆様は賢いので大丈夫だと思うのですが、ついつい熱湯を入れた後、持ち手(ベークライト製です!)があるのにも関わらず、本体を持ってしまい、アチッチ状態に数回なりました。お気をつけて…

○ 2.の行程である「お湯を入れてペーパーを濡らす」作業は大事だと思いました。それをせずに直接コーヒーを入れ、その後お湯を注ぐと、ほぼ色がついていないお湯だけが最初にドドっと落ちてきました。

朝、時間がない方、時間を取れない方には、この商品は向いていないかもしれません。後片付けは陶器フィルターの方が簡単で作るのも簡単です。しかし、少しでも早起きして美味しいコーヒーで1日をスタートしたい方には強くオススメしたい商品です!

You might also like

ドイツ SGRAFO MODERN GERMANY

ここ数年、花器は「色」と「形」だけを見て 何か、ほんわかと惹かれるものを選んでいます。

ヴィンテージ メリタでひとりコーヒータイム!

あなたはコーヒー党?それとも紅茶党? 私はコーヒー党です。いわゆるダージリンやアッサム等の定番

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ランプ。内容は分解後の続きです。

ヴィンテージを使用したイースターのデコレーション

日本ではあまり馴染みがないイースター。 各国問わず、クリスチャンの方には非常に大事な行事の1つです

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未使用の片手鍋を じっと見つめ

非売品の mono アイテム

先日、Peter Raacke 氏に取材に行ったことがあるという 友人から mono のレア・アイ

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン

ヴィンテージ ランプを分解!銅の錆、緑青の落とし方

まさか、私が自分でランプを分解してみようなんて思うとは... 先週、手に入れたデニッシュ・デザ

エノク・ウェッジウッドの魅力

日本でも超有名で知名度も高いイギリスの陶磁器メーカー、ウェッジウッド。(Wedgwood)ところで、


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top