「メリンダとメリンダ」キッチン・インテリアのヒント

posted on : □ 映画のあれこれ

映画「メリンダとメリンダ」からキッチン・インテリアのヒントあり!

映画 メリンダとメリンダ

映画 メリンダとメリンダ

ウディ・アレンで一番好きな映画はなに?と質問されたとすると、あなたなら何と答えますか?「マンハッタン」「アニー・ホール」「インテリア」etc…私なら、マニッシュなスタイルが印象的だったダイアン・キートン主演の「アニー・ホール」が一番好き!と答えます。
そして比較的、最近ものもだと感動はなかったものの、ストーリーがコミカルで面白く登場キャラクターにあわせたスタイリングやインテリアがマッチしてた「メリンダとメリンダ」でしょうか。

「メリンダとメリンダ」キッチン・インテリアのヒント

「メリンダとメリンダ」 – 花瓶の使い方

上の画像は売れない俳優ホビーと映画監督の妻スーザンが住むアパートのキッチンでのワンシーン。画像の右側奥をよーく見てください。オレンジ色のル・クルーゼの奥、お酒のボトルが並ぶ棚の下でしょうか、花瓶らしき物に木のスプーン型(調理ヘラ)が数本ささっていますよね。私はこれを見た時に”使えるゾ!”と思ったのです。

以前、蚤の市で購入した比較的大きく重さもあるWest Germany製(旧西ドイツ)の花瓶。大胆な赤い模様に引きつけられ即決したものの、この花瓶にお花を飾っても、どうもお花より花瓶の方が目立ってしまう。あ〜ぁ、失敗してしまったと落ち込んでいたのですが、映画「メリンダとメリンダ」のキッチンシーンをマネして、引き出しの中に収納していた調理ヘラをこの花瓶に入れて見せる収納に変えたのでした。

「メリンダとメリンダ」キッチン・インテリアのヒント

「メリンダとメリンダ」 – ピッチャーをペンたてに!

そして、更に花瓶使いに感化されてDDR ( 旧東ドイツ ) のピッチャーをペン立てにして使用中。こういう使い方も悪くないと思うのですが、やりすぎですかね?
こちらは美しいモスグリーンでパターンの柄もステキだったのでDILLの為に購入したものの、よ〜くみるとパターンのドッツの凸箇所が数カ所カケており、注ぎ口にもヒビを発見。ダメージの箇所を記述して販売することも可能ですが、トラブル防止のためにも私物にし、ペン立て用に変更したのでした。

それにしても、映画のインテリアスタイリストさんってすごいですよね。あたかもそこに人が住んでいるように、不自然なく見せなければいけません。登場人物のキャラクターも必ず考慮しないといけないわけですし…主人公がこんな家具を買うわけがない!持ってるわけがない!と視聴者に思われてはプロ失格ですものね。

もし、映画に興味ありましたらアマゾンのDVDのリンクをはっておきますので、ご覧になってください。

※ 当ブログの[映画のあれこれ]カテゴリで使用している映画の画像はあくまでも情報提供のコンテンツとして利用させていただいています。

You might also like

映画 her / 世界でひとつの彼女

映画 her / 世界でひとつの彼女 を観た母の感想

『全然面白くなかつた』『金返せだつた』 これは、母の短いメールでスパイク・ジョーンズ監督・脚本によ

毒親の連鎖 映画「8月の家族たち」

新作映画ではないのですが 今年のはじめに観た映画『8月の家族たち』の紹介です。 この映画に、

第65回ベルリン国際映画祭

1月の中旬あたりから、バス停や駅など、様々な場所に街中、張り出されていた『第65回ベルリン国際映画祭

実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。

映画『ビフォア ミッドナイト』

オーストリアで、映画『ビフォア ミッドナイト』を思い出す

今日は オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(3) の続きはつづきなのですが、前回、詳細は「次の記

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

壁の色と壁紙の関係

今年の5月6月とアルトバウ (築100年以上の古い建物) 中心に家探しにあけくれていました。本当にい

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語の映画化 メッセージ 原題はArrival

テッド・チャンというSF作家をご存知でしょうか? 私は11月11日に米国公開されるこのTraile

黒澤監督の「夢」の最終章「水車のある村」

蛍光灯の光がどうも苦手です。 私と同じように蛍光灯の光が嫌いな方、決して少なくないと思います。

シルクが似合う女

最近、地下鉄でみかけたジョシュア・ベルのコンサート・ポスターでふと思い出した映画「ラヴェンダーの咲く


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top