島の物価は高い!クロアチア ショルタ島 マスリニカ

posted on : ○ 旅 - クロアチア

ショルタ島に着いた翌日、ステイ先から一番近い港、Maslinica
食材の買い出しに行きました。

私は、Maslinica をマスリニカと言っていたのですが、クロアチア語読みだと
マスリニサです。

しかし、マスリニサだと、検索しても一致する情報が見つからないと思うので
Maslinica を『マスリニカ』で書いていきます。

マスリニカには、お野菜や果物も販売しているコンビニのような小さなお店が1軒と、そこから徒歩2分位の近場にスーパーが1軒あります。しかし…

島の物価は高いです!

スーパーに置かれてあるもので、全く同じものでもスプリット市内よりも割高。

おまけに、マスリニカの港周辺のレストランも観光客相手の強気プライスなので、ドイツで外食するより高くつきます。

2年前、仕事でドゥブロヴニクへ行った夫が、クロアチアは安いからバケーションに良いかもよ!と言っていた話を思い出し、一体どういう事?!と少し混乱しちゃいました。

スプリット本土よりも食材全般が高いということは、食材を使うレストランも高くなってしまうわけで、”島” 自体の物価が高いのだと思います。

さて、マスリニカ港周辺のビーチですが海水は透き通っていて、色はエメラルドグリーン。

こんなに透明度の高い海を見たのも、泳ぐのも人生で初めて。足元で小さな魚が泳いでいるのが、クッキリ見えたのには興奮しました。

しかし、港周辺の海は岩場にウニが多くいます。

ビーチサンダルの私は岩場を避け、ウニがいない場所を慎重に選びました。

ソールが薄かったり、ビニール素材系の簡易的なサンダルだと、ウニを誤って踏んでしまえば、ハリはソールを貫通してしまうため、底が厚めのマリンシューズのような靴を履いて、泳いでいる人が多かったです。

コチラの半分にパッカリと割れているウニですが、見つけたものを観賞用として、ステイ先まで持って帰りました。

ハリを触ってみて改めて思ったのですが、かなり鋭くて硬いです!こんなの踏んでしまったら…

想像しただけでも恐怖でブルブル。

テラスのテーブルに置いていたところ、たまたまテラス通路を通りかかったオーナーの奥さんが、ウニを見て「それは人為的に割ったもの。ウニは死んだら、ハリは自然に抜け落ちて死骸は殻になるから」と教えてくれました。

翌日から『殻』を目当てに海辺に落ちていないか、探したもののゼロ!海底にあるものなのかもしれませんね。残念です。

ビーチは、砂ではなく「石」だらけ。そのせいなのか、ウニの殻だけではなく、貝も見当たりません。

まだベルリンに住んでいた頃に行った、リューゲン島を思い出しました。あそこも砂ではなく石だらけ。貝がなかったので、石だけを持ち帰りしました。

唯一、砂浜があるビーチがマスリニカと真反対の方向で、ステイ先から徒歩約25分くらいの場所。

そこはウニがいないので安心して泳げる場所でしたが、砂浜はサラサラ状態ではなく、石が細かく割れて出来たようなジャリジャリの砂です。

そのため素足で歩くと、けっこう足裏が痛くて、ビーチ サンダルを脱いだら極力、歩かず海にすぐ入るようにしていました。

文章を入力しながら、現地で感じたことを思い出したのですが、全てが最高〜!というわけではなく、島なのでスプリット市内より観光客は少ないけど、物価が高い。海は透明で美しいけどウニがいる… など、メリットとデメリットが同等にあり、また行きたいか?と問われれば、はい!と即答はできません。(苦笑)

改めてクロアチア ショルタ島シリーズの最後にメリットとデメリットをまとめたいと思ってます!

まだまだ、ショルタ島の内容は続きますが、次回はヴィースバーデンで先週末にあったストリート・フードのイベントを紹介し、その後クロアチアの続きに入ります!

You might also like

クロアチア 虫除けスプレー効果なし。意外なモノで対応?!

青空が広がる快晴の日々。 素晴らしい景色が広がるショルタ島。 しかし、島の内陸部とは違って建

整備不良で遅延!LCC コンドル航空

今回、クロアチア、スプリット行きで、初めて利用した飛行機が Condor(コンドル航空)L

クロアチア ショルタ島のバス時間には気をつけて…

先月、夏休みを クロアチア ショルタ島で 過ごしたクロアチア シリーズの続きです。 日本の夏

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく、ノラ猫です。 主にゴミ

クロアチア スプリットからショルタ島へ

前回の続きとなります。 クロアチア スプリットからフェリーで約1時間かけて ショルタ島に到着

クロアチア スプリット空港 タクシーには気をつけて!

今日から9月です! 時間が経つのは早いもので、あと4ヶ月で2017年も終わるとは... 8月


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top