気候の良い時期

posted on : ☆ 日常のあれこれ

かなり暖かくなってきました。

今日は半袖にサンダルの人を多く見かけ、夏がだんだんと近くなっているのを感じます。

spring

ベルリンの中心地と異なり、ゲッティンゲンに引っ越してから、近所の道で猫を見かける事が増えました。

広い庭がある、大きな一軒家が固まってある地域でなのですが、やはりアパートの環境よりも飼いやすいのでしょうね。

猫

先日は白黒模様の猫が玄関先の門から
外をのぞいているのを発見!

meine Wohnung

今朝、約1週間前にネットで購入した、60年代のインテリア本(ドイツ)が届き、嬉しくて興奮状態なのですが、ゆっくり見る時間がない!!

実はここ数日、14年ぶりに行くある国 の旅準備でバタバタしております。 可能であれば、今のような気候の良い時期はドイツにいて、よどんだ天気が続く『長すぎる冬』にドイツ脱出をしたいものですが、なかなかタイミングとチャンスが…難しいものです。

meine Wohnung

60年代のインテリア本に話を戻しますがこの本、写真も文章も盛りだくさんなのです。文章を読むのは時間がかかりそうですが、特に写真と簡単な説明や内容は時間かけて『続きもの』として、ぜひブログでシェアしたいと思っています!

ちなみに私は上画像のような家(部屋)の間取り図をじ〜〜っと眺め、あれこれ考えるのが好きなのですが、引っ越し先は家主の家電や家具がけっこうあり、気に入らないタイプのものの半分は頑張って屋根裏スペースに移動させました。

しかし、まだ残り半分に納得できません…
旅が終われば、手描きで間取り図でも書いてあれこれ考えようと思っています。

You might also like

イースター休暇

引っ越し後、インターネットのトラブルで使えず。 先週の土曜日にやっと02の人がきてくれて開通し

SMEG (スメグ)の冷蔵庫を使えて良かった!

私がベルリンに来て初めて一人暮らしをした時のアパートのオーナーはオーストラリア(シドニー)在住の女性

初めてフランクフルト空港から帰国

久々にブログ、更新します。 9月下旬に初めてフランクフルト空港から日本へ一時帰国しまし

メゾネット部屋 猛暑日はサウナ状態かも

ここ数日、本格的に夏到来! といった暑さ。 今日、最高気温は32度まで上がるようで、既に朝か

初めてベルリン以外でビザ更新 ①

ベルリンでは過去、3回ビザ更新をしました。 私の場合、2010年の初回ビザの取得が非常に大変で

ベトナムコーヒー フィルターを買ってみた

ここ数日、日中はムオ〜っとした暑さなのですが、日が暮れると東京生活時代を彷彿させる『ゲリラ豪雨』のよ

リューゲン島の石を使ってバスタイム

リューゲン島 へ旅行した際に浜辺で取ってきた石を バスタブに入れたり、バスルームに置いたりして楽し

多肉植物レポート パテンシス

ベルリンに住んでいた頃に多肉植物の記事を幾つか書いたのですが、この時期に育てていた多肉植物は1種類の

外貨(コイン)の保管方法に悩む

缶に入れ、保管していたせいで失敗した外貨(コイン) 私は旅行した際、残った外貨(コイン)を缶に

ドイツ国内の引っ越し ①

去年の10月15日にゲッティンゲンの家を完全退去したのですが、実は9割近くの荷物はゲッティン


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
築110年の古民家 北広島町 峠の美容室 わらふ

前回「野の花かふぇ」を紹介しましたが、このカフェで ランチをした後に

広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが 文末に 『ベルリン

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 (その3)

10月31日にフランクフルト空港からルフトハンザ機で出発。 今年は東

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったと

一滴の音 一滴の踊り ゆらゆら混ざる余韻(広島 LOG)

広島で友人(きくち まゆ ちゃん)が 出演するイベント告知です。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top