小さな映画館 LUMIER で エクス・マキナ を観た!

日本の映画料金よりも安いので、ベルリンに住んでいた頃は映画館へよく行ってました。まず、10ユーロを超える事はありません。7ユーロから高くても9ユーロでしょうか。

日本に住んでいた頃は、映画館へ『ひとり』で行くのが好きだったのですが、ベルリンでは私を含め2〜3人で行く事が多く、最大で4人!なぜか1人で行く機会が少なくなっていました。

映画館 LUMIER

ゲッティンゲンは小さい街なので映画館は2館のみ。

ゲッティンゲン駅裏にある大きな映画館は英語圏の映画は全てドイツ語に吹き替えているので一度も行った事がありません。

7月下旬、アレックス・ガーランド監督のイギリス映画 Ex Machina(エクス・マキナ)をオリジナルで上映している映画館 LUMIERへ行ってきました。

名前がフランス語なので、館内はフレンチ風?と思っていたのですが、いたって普通の小さな映画館。

映画館 LUMIER


動画の【人工知能がもたらす未来は 映画『エクス・マキナ』】
はネタバレになっていなかったのでシェアしておきます!

私はハル・ベリーが主演するテレビドラマシリーズ『エクスタント』を続けて観ているのですが、こちらも人間同様のロボットが出てきます。そして人間を超えた強さ(腕力)と賢さ… ちょうど今、恐怖の展開なのです。

スティーブン ホーキング博士が去年の12月に語った

いつの日か、自律するAIが登場し、とんでもない速さで自己改造を始めるかも知れません。生物学的進化の遅さに制限される人間がこれに対抗できるはずもなく、いずれ追い越されるでしょう。

という言葉と、先月ホーキング博士ら研究者が警告し公開した

主要な軍事大国でAI兵器の開発を進める国があれば、世界で開発競争が起こることは不可避であり、この技術の進歩の行く末は明らかだ。自律型兵器は明日のカラシニコフ(自動小銃)になる。

の書簡内容は、映画『エクス・マキナ』を見終え、TVシリーズの『エクスタント』を週1で観ている現在、非常に想像しやすいので不安感と恐怖感が出てくるのです。

ロボットが人間を殺すためのロボット兵士になりませんように…
人工知能が正しく使われるのを願うばかりです。

最後に『エクス・マキナ』は舞台になった撮影場所(国)と建築とインテリアがなかなか良いので、また続きとして近いうちに書く予定でいます!

※ 文中の『エクス・マキナ』にウィキペディアのリンク設定するのをやめておきました。ネタバレ内容なので要注意です。まだ観てない方は「ネタバレありの、あらすじ記事」は読まないほうが絶対に楽しめます!!

You might also like

第65回ベルリン国際映画祭

1月の中旬あたりから、バス停や駅など、様々な場所に街中、張り出されていた『第65回ベルリン国際映画祭

毒親の連鎖 映画「8月の家族たち」

新作映画ではないのですが 今年のはじめに観た映画『8月の家族たち』の紹介です。 この映画に、

小さな専門店が面白い!Le Papillon

9月に入った途端、急に肌寒くなったのですが、ベルリンの友人からも肌寒くなったと昨日メールが入り、今日

小さな専門店が面白い!ドライ・フルーツ編

ベルリンでも特に入手が困らなかったドライ・フルーツ。 大抵、大きなフード・マーケットだと量り売

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し②

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し① の続きになります。 ドイツ国内で家探し

初めてドイツのお直し屋へ

2010年からドイツで生活していますが 今日、初めて『お直し屋』さんへ行ってきました。

「メリンダとメリンダ」キッチン・インテリアのヒント

映画「メリンダとメリンダ」からキッチン・インテリアのヒントあり! 映画 メリンダとメリンダ[

スカーフを頭に巻くスタイル

映画の中のファッションも取り上げたい!と思い 2001年の作品、アラン ルドルフ監督の ”◎×▽

実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。

ドイツ国内の引っ越し ①

去年の10月15日にゲッティンゲンの家を完全退去したのですが、実は9割近くの荷物はゲッティン


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top