シルクが似合う女

posted on : □ 映画のあれこれ

最近、地下鉄でみかけたジョシュア・ベルのコンサート・ポスターでふと思い出した映画「ラヴェンダーの咲く庭で」(2004年/イギリス)

映画の中で使われているソロ・ヴァイオリン演奏は ジョシュア・ベル が担当していることで有名です。

la01

記憶喪失の青年アンドレアを演じたのはドイツの俳優ダニエル・ブリュールですが、わたしはストーリーよりも主役よりも何よりも… この美人女性画家に目が釘付け状態でした。

細くてスラリとしたスタイル。服装はゆったりとしたシルク素材のブラウスにパンツスタイル。ヘアスタイルもナュラルな感じでキメキメにしているわけではありません。

それがとってもエレガントで美しいのです!

la03

時代設定は1930年代のイギリスのコーンウォール地方。
これまた彼女のアトリエ兼住まいのセンスや雰囲気がとても良いのです。

la02

わたしにとって初老の姉妹を演じたジュディ・デンチとマギー・スミスは文句なく素晴らしいと思う大女優ですが、どうもアーシュラ(ジュディ・デンチ)が、孫ほどの年の差がある青年に対する「強い恋心」を理解できず、ストーリーの流れに感情移入することができませんでした。

あとから知ったのですが、原作は姉妹の年齢設定は40代なのだそうです!道理で… 原書を読めば、また違った感情の動きや、気持ちを感じ取れるかもしれません。

※ 当ブログの[映画のあれこれ]カテゴリで使用している映画の画像はあくまでも情報提供のコンテンツとして利用させていただいています。

You might also like

Ex Machina(エクス・マキナ)の舞台となったホテル

小さな映画館 LUMIER で エクス・マキナ を観た! の続きになります。 映画館 LUM

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

映画 her / 世界でひとつの彼女

映画 her / 世界でひとつの彼女 を観た母の感想

『全然面白くなかつた』『金返せだつた』 これは、母の短いメールでスパイク・ジョーンズ監督・脚本によ

黒澤監督の「夢」の最終章「水車のある村」

蛍光灯の光がどうも苦手です。 私と同じように蛍光灯の光が嫌いな方、決して少なくないと思います。

映画『ビフォア ミッドナイト』

オーストリアで、映画『ビフォア ミッドナイト』を思い出す

今日は オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(3) の続きはつづきなのですが、前回、詳細は「次の記

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語の映画化 メッセージ 原題はArrival

テッド・チャンというSF作家をご存知でしょうか? 私は11月11日に米国公開されるこのTraile

スカーフを頭に巻くスタイル

映画の中のファッションも取り上げたい!と思い 2001年の作品、アラン ルドルフ監督の ”◎×▽

毒親の連鎖 映画「8月の家族たち」

新作映画ではないのですが 今年のはじめに観た映画『8月の家族たち』の紹介です。 この映画に、

原爆投下から70年 映画 黒い雨

今日は広島原爆投下から70年になります。 ドイツ時間の昨晩深夜にネットから平和記念式典営の様子

第65回ベルリン国際映画祭

1月の中旬あたりから、バス停や駅など、様々な場所に街中、張り出されていた『第65回ベルリン国際映画祭


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Translate »
Back to top