ヴィースバーデン Fritz Kunder

まだ先なのですが、今年の冬に予定している一時帰国のための
お土産を引き続き、探索しております。

何でもある日本で、売っていないもの

これが大きなテーマ!

さすがに「産地もの」「ご当地もの」に関しては
販売はされていないはず… と思い、散歩の最中は
『ヴィースバーデンならではのもの』と心の中で
つぶやきながら、目を光らせていました。

ある日、海外からだけではなく、国内の観光客も多いクアハウス周辺
まで歩いていたところ、約15名位の男女がゾロゾロと集団でお店に
入ってくのが見えたので、何のお店だろう?と好奇心が勝り、すぐに
くっついてグループと共に入店。

ネコの絵柄の箱パッケージ

そこはKunderという1898年創業のチョコレート専門店でした。

入店後、グループの来店を待ち構えていたスタッフの女性が、人数を
かぞえはじめたので、集団の一番後ろにいた私はかなり焦ったのですが
すぐ発見され「あなたは?」と聞かれたので、即座に客です。
買い物に来たと伝え、セーフ。

この日、見学しにきた人だけをお店に入れていたわけではなく
営業中に見学者を受け入れてるようでした。

早速、お土産探しのための商品をチェック!

ギフトを意識してか、商品は既にプレゼント包装されている
パッケージが多く、どこもかしこも美しく陳列されています。

まずは、人にあげる前に自ら食べて味を確かめないといけません。

こちら、1902年から作られている Kunder 一押しの Ananas Törtchen
(アナナス タルト)小さいですが、3,90ユーロです。

試しに購入してみました。
ANANAS(アナナス)はパイナップルです。

それにしても、通常よくあるタイプの丸いクッキーサイズで
ほぼ4ユーロ近く。高いなと思ったのが本音ですが、実際に
開封してみて、わかった事。

円形プラスチックが非常にしっかりしています。

中身が潰れないように、お菓子のサイズにあわせて
作られた、ケースのコストだと、納得しました。

半分にカットしたのですが、マジパン部分は中央では
なく、アナナス。周囲にマジパン。下はサックリ系の
ウエハースのような食感でした。

最初、こんなに小さいと、食べ応えがあるのかなと、かなり
疑っていたのですが、正直に言います。

半分口に入れ、食べたところ
かなり大満足でした!

たったの半分でも、食べ応えを感じる事ができるという事は
このアナナス タルトに、他のものと一緒にして渡す事もできます。

1個のみではなく、2個、4個とそれぞれパッケージが変わって展開を
している商品でしたが、お子さんが多い家庭では、数が少ないので
不向きなお土産のような…

マジパン部分は多くはないのですが、子供だと美味しいと感じられない
かもしれません。

ファミリーには違うものを選び、チョコレート通な方やマジパン大好きな方に
最適だと思います!

Fritz Kunder
Wilhelmstraße 12
65185 Wiesbaden

http://www.kunder-confiserie.de/

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存保存

保存

You might also like

ロザンゼルス ベトナム レストラン Blossom と Mohawk General Store

長く、休みやすみ書いているので間があいてしまいましたが 「 旅 – America 」の続きです。

Kletterwald ネロベルグ ヴィースバーデン

イースター休暇で先週の金曜日から2泊3日でベルリンから友人カップルが泊まりに来てくれました。

イタリアン カフェ salumeria lamuri

友人とKöpenicker Straßeを歩いていた時に、ひときわ目立っていたお店を発見! zapf

FROLLEIN LANGNER / ノイケルン

カフェ Frollein Langner は、ベルリンでパン職人として働く傍ら、ケーキとお菓子のブラ

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近くにあった、タッチパネル型のチ

コンディトライ DU BONHEUR

前から気になっていたものの、外から見る店内の雰囲気(インテリアが...)に心が動かされず、行かずじま

初めてベルリン以外でビザ更新 ②

初めてベルリン以外でビザ更新 ① の続きです。 3回目のビザ更新をベルリンでした際、3

ワイマール 最古のカフェ Residenz Cafe & Restaurant

ヴァイマー ( ワイマール ) 最古のカフェ レストラン

10月に入り、終日グレーの雲が空を覆うようになり 冬の到来をひしひしと感じております。 再び

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

Weinerei FORUM

2回ほど立て続けに『Cafe/Restaurant』カテゴリでオープンから1年未満のカフェを記事にし


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top