ベルリン ケーペニック Köpenick

posted on : ● いろいろベルリン

ベルリン Köpenick (ケぺニック) に行ってきました!今年は少しでもあいた時間ができたらABゾーンで行ける『まだ知らない街』に足をのばそうと思っています。

ベルリン ケーペニック

アレキサンダープラッツ駅からS-Bhan使用で約25分程度でしょうか。途中、Ostkreuz駅で乗り換えをしました。

ベルリン ケーペニック

着いた風景は同じベルリンでも私が住んでいる場所とは別世界!片道2,40ユーロ(※ 2013年3月現在)の距離なのに、まるで小旅行にでも来たような感覚でした。

ベルリン ケーペニック

もし、ご旅行でベルリンに来られ、時間がた〜っぷりあるようでしたら行ってみるのも良いと思います。雪のある風景も素敵ですが、特に川のほとりは風が強いので、春夏の方がオススメです。

k04

3月だからでしょうか、天気が良くても雪はまだ残っていて足下がかなり冷えました。特にシュプレー川沿いの散歩は非常に寒かったです。ただし、ショッピングを楽しむ街ではありませんので、風景を楽しみたい方にオススメしたいです。

ベルリン ケーペニック

他、ものすごく大きいというわけではないのですが ルネッサンス バロック・スタイルの Schloss Köpenick(Köpenick城)があり、入場はしなかったのですが、中は博物館となっています。

暖かくなったらもう一度きて、ゆっくり散歩を堪能したいです。

You might also like

加速がつづく?ファストファッション

先日、ミッテにオープンするH&M傘下のファッションブランド MONKI(モンキ)のオープニン

さよならベルリン!

2010年から住んでいるベルリンを離れ (※ ブログは2011年からスタート) 2年の予定で ゲッ

Wedding (Berlin) のスタジオへ

Weddigにスタジオを持っている『友人の友人』のところへ行ってきました。 Mitte

ドイツ国内の引っ越し ③

前回 ② からの続きで不動産会社から、唯一コンタクトしてくれた物件に関して 言われた内容な

ベルリンで日本のウィスキーを飲む

先々週、博士号を取った方のお祝いで、ディナーに行った後、ワイン&ウィスキーのショップ BerlVin

モーツァルトよりバッハが好き! マタイ受難曲

モーツァルトの曲を聴くと頭が良くなる。自律神経を整える効果がある等 『モーツァルト効果』が流行った

オーストリアのアーティストErwin Wurm

Berlinische GalerieでERWIN WURM展

6月中旬に2泊3日ほどベルリン滞在したのですが、Berlinische Galerieで 今年の4

ベルリン

ベルリンの家賃は引き続き値上がり中

久々にベルリン滞在してきました。 すっかり秋模様で道には枯れ葉だけではなく、カスタニエンもごろごろ

美しい秋模様 のTiergarten(ティーアガルテン)

すっかり秋模様の Tiergarten ですが、まだ紅葉全開までいってないので、葉のグラデーション具

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

メイソンジャー入りのシュナップス O’Donnell Moonshine

ヴィースバーデン ストリート フード イベント の続きです!

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その1)

再来月、11月3日(金)の文化の日に 広島市、安佐北区深川に

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひ

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top