フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。

ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽどの用事がない限り、行かなくなったのですが、夫のベルリン時代の友人が、フランクフルトで美術館巡りをしていると連絡が入り、急遽会う事に。

先方からの提案で『Museum für Kommunikation Frankfurt』(コミュニケーション博物館)で落ち合う事になりました。

すっかり忘れていたのですが、ヴィースバーデンからフランクフルトまで、片道約1時間もかかるんですよね。

けっこう遠いです。

入館して、すぐ手前が ミュージアム・グッズの売り場とチケットカウンターで、その奥側にカフェがありました。

ひとまずお茶でもしてゆっくりしたかったのですが、既に15時近くになっていたので、そのまま友人のお目当てだった「no pain no game」へ直行しました。
※ この展示は終了しています。

真っ先に目に飛び込んできたのは、ボクシングのコーナーと古い型のパソコン モニタ2つが向き合うように合体している装置。

私自身も両方で遊んでみたのですが…
こういうの、ニガテかも。(苦笑)

沢山、遊べる展示があったのにも関わらず、すぐ飽きてしまいました。
アート作品をじっくり、ゆっくりみる方が私は好きなんだと確信。

この後、常設展がある地下フロアに移動しました。

通信伝達系のモノがズラリ。

歴代のポストや歴代の電話。(携帯もあり!)

電話はけっこう面白くて、ハイヒール型やカモ型などいろいろあったのですが、そういえば子供の頃、トンデモ・デザインの電話機があった、あった!と懐かしく思ったのでした。

映画の電話シーンの一コマを集めた展示コーナー。
どれも電話機のコードがあります。

常設展の展示物の中で一番、印象的だったのがコチラ。
家具一体型のテレビ。(1957年 – 1958年)

触ったらいけないので、確認は出来ませんでしたが、下側は扉を開くと正面右側がレコードプレーヤー、左側がラジオが入っている様です。

Kuba Imperial Komet といって、Kuba Imperial が会社名でこの商品の名前が Komet なのではと思います。間違ってたらスミマセン。

これ、かなり大きさがあるのです。テレビ画面は小さいのですが、右側がけっこう長く尖っているので、置く場所が広くないと非常に厳しいです。

「no pain no game」は特別展だったので、期間限定でしたが、常設展の方はお子さんや、メカ好きな男性だと、けっこう楽しめるのではないかと思います。

■ Museum für Kommunikation Frankfurt
(フランクフルト コミュニケーション博物館)
ホームページ http://www.mfk-frankfurt.de/

保存

保存

保存

保存

You might also like

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

久保舎己 (くぼ すてみ ) 版画集

ベルリンを拠点にアートコーディネーターとして活動されている河村恵理さんがコーディネートされた関係で知

フランクフルト ラーメン 無垢(ramen MUKU)

去年から、ベルリンに住む友人をはじめ、いろいろな方から オススメされていた、フランクフルトにあるラ

Drawings Storage

先々週、 Tian Fu で、特に誰の誕生日でもなかったのですが、友人(カップル含め)9名が集まり

ライプツィヒ 日帰り旅行 (2) グラッシィ工芸美術館

日帰り旅行でのメインとなる場所「グラッシィ工芸美術館」に行ってきました。 MUSEUM IM

ゲーテ大学 (Westend) 内にあるカフェ Hoppenworth & Ploch Campus

ヴィースバーデンの家が決まるまで、ニーダーハウゼンの 義理の弟ファミリーのお宅に居候していたと、過

Tate Modern – Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) 展

Tate ModernにてGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)展を観に行きました!

印象的なセルフ ポートレート

時々、波のように押し寄せてくる感情...『Facebook疲れ』 とはいっても私個人のであって、D

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って

Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

ノリオ君の first solo show のオープニングに GALERIE ALBRECHT へ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top