猫の舌 チョコレート sarotti Katzenzungen

ゲッティンゲンの家を退去した後、約3ヶ月ほどニーダーハウゼンにある
義理の弟家族の一軒家に居候していたのですが、徒歩で行ける距離のスーパーが
唯一、Tegut(テグット)のみ。

ベルリン時代には全く知らなかった Tegut ですが、ゲッティンゲンにあった事で初めて存在を知ったのでした。

Tegutは、同じ商品でも REWE や KAISER’S より少々、高いような気がします。得にゲッティンゲンのTegut は高級オーガニック系のスーパー並に店内が清潔で、いつも美しく商品が陳列されていました。

ちなみに、ベルリンであちこちにある KAISER’S ですが、ゲッティンゲン、ニーダーハウゼン、そして現在のヴィースバーデンでも見た事がありません。

居候期間、ニーダーハウゼンのTegut(テグット)で見つけた、子猫が並んでいる レトロ デザインの Katzenzungen(カッツェンツンゲン チョコレート)。

一目で気に入り購入後、キッチンに置いていたところ、義理の弟が Katzenzungen の箱を見て、子供の頃に、お婆ちゃんの家によくあったので食べてた。懐かしい〜!と言うのです。

私は子供の頃、家のルールで虫歯になるからとチョコレートを買ってもらえず。祖母の家に行っても出されるのは、当時も今も大嫌いな「乳ボーロ」です。

美味しいと感じないので、本当にうんざりでした。

それが、こんな可愛らしい箱に入ったチョコレートを食べさせてもらえてたなんて。ちょっとジェラシー。

少し愚痴らせてもらいますが、母は飲み物にも制限を設け、麦茶と牛乳のみOK。体に良くないという理由でジュースや炭酸飲料は飲ませてくれませんでした。

その反動だと思うのですが、チョコレートが大好物。そして、お水はガス入り(炭酸水)が好みです。紅茶、コーヒーにミルクを足しても、牛乳のみで飲む事はありません。

画像だけだと、大きさがわからないと思うので、詳細を。

チョコレートの箱サイズは、横が約24cm、縦が約16,5cmと大きめ。高さは1,5cm弱で、チョコレートは薄いので軽いです。

日本で販売されていなければ、ちょっとしたお土産にもよさそうです。

透明のビニールを剝がすと、チョコレート同士がひっつかないよう
しきりがあり、丁寧に並んでいます。

日本で、Katzenzungen タイトルの箱を見せず、チョコレートだけ皿に置いて出したら、猫の舌をかたどっているとは思わないはず。(多分…)

舌を想像しながら見ちゃうと、少し気味悪いかも。長いですよね。

ヴィースバーデンのスーパー数店舗で探したのですが、この Katzenzungen チョコレートがないため、土曜日にニーダーハウゼンでまとめ買いして帰りました。

何気なく箱の裏をよく見ると、住所がベルリン。
でも、ベルリン生活4年間で見た記憶がゼロなのです。

早速、会社名 Sarotti(サロッティ)で調べてみると

Heinrich Ludwig Neumannとその息子が1852年にベルリンのFriedrichstrasse(フリードリヒ通り)にお店を開き、当初は主にパリから輸入したお菓子を販売したとあったので、歴史は長いです。

調べれば調べるほど、知らなかった情報が。

画像はSarotti のHPより

ホームページを見ると、ミルクチョコレートだけではなく、ホワイトチョコレートが入ったタイプのものもありました。

てっきりミルクチョコレートのVollmilchのみだと思ってたのでびっくりです。
※ ニーダーハウゼンのTegutはVollmilchのみの販売。

他、ベルリンにサロッティの旧チョコレート工場を利用したホテルが。
名称は『Hotel Sarotti-Höfe』

ホテルの最寄り駅はメーリングダム。
ベルリンへ観光目的の場合、アクセスは良いので
使えると思います。

カフェもあるのですが、画像を夫に見せたら3〜4回位、元同僚とのミーティングに利用した事があるとの事。今のところ、ベルリンに行く用事がないのですが、チャンスがあれば行ってみたいです。

とりあえず、ニーダーハウゼンのTegutまで行かなくても
近場でKatzenzungenが見つかりますように…

Sarotti(サロッティのホームページ)
http://www.sarotti.de/

Café & Bar Sarotti-Höfe(カフェ&バー サロッティ フーフェ)
http://cafe-sarottihoefe.de/

■ ベルリン Hotel Sarotti-Höfe(ホテル サロッティ フーフェ)
http://hotel-sarottihoefe.de/

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

You might also like

木製のスパチュラが大好き!

なぜか旅先で購入したくなるスパチュラ(木製) 下画像の葉の模様が彫ってあるのは、イギリスの郊外

都内の猛暑は苦い思い出

続きの「オーストリア で11世紀の要塞城に宿泊(3)」の前に ひと休みさせてください。今日はここ数

やっぱり好きになれない Porridge (ポリッジ)

記事を書いたまま「未公開」で保留になったままの記事を発見! 先月の内容ですが、Paris 特集

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったという内容で書いたのですが、窓に

クロアチア ドゥブロヴニクのお土産

前々回のブログ記事にクロアチアに向けて出発したと書いたのですが、お土産と共に帰国し、戻ってきたのでク

シェーネベルク区からミッテ区へ

Facebookのファンページには記載したのですが 引っ越しをしていて随分とブログの更新が滞ってお

多肉植物レポート パテンシス

ベルリンに住んでいた頃に多肉植物の記事を幾つか書いたのですが、この時期に育てていた多肉植物は1種類の

髪の毛がないのが好まれる?ドイツ赤ちゃん人形

地下鉄やバス等の公共の乗り物で『赤ちゃん人形』を 抱えている子供を頻繁に見ることって… 日本

初めての来客とパスポート事件

ゲッティンゲンに引っ越して3ヶ月経ちました。 引っ越し後、ベルリンに戻りたくなったり、淋しくな

60’s マグナム マガジンより ジョージ・ジェンセンとRENZの広告

蚤の市では価値のある古書をはじめ、単なる古本や雑誌など様々あるのですが、それらを最初に立ち止まってチ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Translate »
Back to top