イエナグラスの収納方法

posted on : ヴィンテージ記録帳

ベルリン在住の日本人男性アーティストのお茶会に呼ばれた時に、キッチンで見かけた良いアイディア。使い込まれた良い感じの木箱にヴィンテージのイエナグラスのカップを重ねて入れ、保管していたのを見たのでした。

kibako01

お茶会での写真は撮ってないので、イメージとしてブログ記事用に私物で撮影してみました。こんな感じです。ただ、私は似た感じの木箱を持っておらず、画像の箱は浅いので、保管用には断然 “深い方” が良いです。

ちなみに、この外側グリーン×中側が黄色の木箱は(旧)東ドイツ製の木製トラックの一部。ハンマー等で解体し、荷台の部分だけ取ったものです。子供用のオモチャですが、このトラック、けっこう大きめサイズなんです。

今まで、食器棚にグラス類はまとめて置いていたのですが、数日前にワイングラス(イエナグラスではなく違うヴィンテージもの)を取り出そうとしたら、数客ほど割れていました。棚に置く際にイエナグラスとぶつかったのだと思います。

イエナグラスも薄いのですが、落としたり、強い力がかからない限り、そんな簡単には割れません。ワイングラスやリキュールグラスを守るため、深い木箱があれば、いつの日かイエナグラスはまとめて、箱に入れて保管したいと思っています。

kibako02

(Source: My Lucky Stars )

イメージとしては上画像のような感じ。画像はtumblrからなのですが、良い例なのでシェアします。
収納用の木箱がいくつか欲しいですね。

You might also like

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

久々にお皿を購入

数年前に日本に帰国した際、実家におきっぱなしにしていた和食器類を持ってベルリンに戻った以降、食器を購

ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

約半年前から欲しいな... と思っていた『Buchlese-Lampe』 文字通りBuch (

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと

三猿 (さんざる) オープナー・セット

去年の誕生日プレゼントで頂いた『三猿 オープナー・セット』 (下記画像が頂いた三猿です!)

ヴィンテージを使用したイースターのデコレーション

日本ではあまり馴染みがないイースター。 各国問わず、クリスチャンの方には非常に大事な行事の1つです

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.

大好評だった ヴィンテージ メリタ の小皿

実は、販売するにあたって心配していたヴィンテージ メリタの動物・昆虫シリーズ。 陶器製コーヒー

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

広島 南インド料理 ケララ食堂

日本でクリスマスを過ごしたのは7年ぶり。 ちなみに、これからのお

尾道 USHIO CHOCOLATL (ウシオチョコラトル)

MAROU (マルゥ) チョコレート以来でしょうか。 素敵なパッケー

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top