小さな専門店が面白い!ビネガー、リキュール編

posted on : ● いろいろゲッティンゲン

近所にあるお店で、入り口横に木の箱が置かれ、何やら小さな子瓶がびっしり並べられているのを発見!

Essig

中を覗き瓶に張られてあるラベルを読むと、レモンをはじめ、様々なEssig(お酢)です。

ビネガー

気になったので、そのまま入店しました。

量り売り

店内には壁一面、ガラス容器や小さな樽に入ったビネガーとシュナップス、リキュール類を『量り売り』で販売していたのでした。

リキュールの量り売り

どれにすれば良いのか迷うほどの種類です。このタイプのお店がこの他にもう1店舗、徒歩圏内にあって驚きました。

どちらも大・中・小のガラス瓶を安価で販売しているのですが、自宅から空き瓶を持参しても良いとの事。私はこの時、何も持っていなかったので中くらいの瓶を購入しました。

シュナップス

そして、選んだのは長く探していた Haselnussgeist のシュナップス!(ヘーゼルナッツのシュナップス)

ヘーゼルナッツのシュナップスはどこでも販売されていますが、以前ベルリンでホームパーティーに呼ばれた先で食後に Haselnussgeist が出て、それがと〜っても美味しかったのです。

Haselnussgeist(Haselnuss + geist)
というネーミングも気に入りました。

ホームパーティーで初めてラベルを見た際、geist というとゴースト?と一瞬思ったものの、この geist は英語でいう Spirit にあたります。

ヘーゼルナッツのシュナップス

どこで購入したか聞いた所、オーストリアのある小さな村でしか販売してないのでベルリンで全く同じものの入手は無理と言われ諦めていました。

同じ製造元ではありませんが、味も似ており、何よりも近所で販売されているのが嬉しかったです。

フルーツのリキュールも沢山あったので、他にも美味しいのを見つけたら日本に住むお酒好きの友人達へのお土産に沢山購入して帰国したいと思っています!

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

ゲッティンゲン ヤコビ教会に登る

オーストリア旅行 の続き内容の前に 先週末、ヤコビ教会(St. Jacobi) に登ったので ゲ

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し⑤

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し④ の続きとなり、このシリーズは本記事の⑤で最後になりま

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し①

ベルリンだけじゃなかった… ゲッティンゲンでも大変だった「家探し」を 忘れないうちに数回にわ

スーパーの地下駐車場でフローマルクト(蚤の市)

ゲッティンゲンのフローマルクト(蚤の市)は月に1回しかありません。 ベルリンでは蚤の市が毎週末

ゲッティンゲン コンディトライ Cron & Lanz

先日、ドイツ国内の友人から来月にゲッティンゲンに行くので オススメのお店等あれば教えて欲しいとメー

のんびりゲッティンゲン

週末、とても暖かくて快晴だったゲッティンゲン。 日曜日、はじめて街なかをゆっくり散歩してみました。

Ostermarkt (イースター・マーケット) はウサギだらけ!

教会内の小さなイベントやバザーの類いはのぞき、過去ベルリン生活で Ostermarkt (オースター

戻ってみて痛感!かなり異なる街の風景

ベルリン滞在中の出来事は、まだ引き続きで書く予定ですが 今日はひと休みして、ゲッティンゲンから静か

小さな専門店が面白い!Le Papillon

9月に入った途端、急に肌寒くなったのですが、ベルリンの友人からも肌寒くなったと昨日メールが入り、今日

ドイツ国内の引っ越し ①

去年の10月15日にゲッティンゲンの家を完全退去したのですが、実は9割近くの荷物はゲッティン

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top