映画 her / 世界でひとつの彼女 を観た母の感想

posted on : □ 映画のあれこれ

『全然面白くなかつた』『金返せだつた』

これは、母の短いメールでスパイク・ジョーンズ監督・脚本による映画
『her/世界でひとつの彼女』を観た彼女の感想です。

私自身はすごく観たい映画で(残念ながら、まだ観れていません…)友人がものすごく良かった!と言ってたので母に伝えたのでした。

※ 母は小さい「っ」の入力方法は知ってるのですが、打つのが面倒なようで、大きい「つ」のままです… なんて読み難いっ(怒!)

映画『her / 世界でひとつの彼女』予告編 – YouTube

私が映画好きになったのは、母の影響がとても強く、中学生の時に観たダニエル・デイ ルイス、ジュリエット・ビノシュが主演したミラン・クンデラの小説の映画化
存在の耐えられない軽さ』や10代後半の時にハマった、アキ・カウリスマキクシシュトフ・キェシロフスキラース・フォン・トリアー等、ハリウッド映画や邦画を好まず、ひたすらヨーロッパ系の映画を観ていたのでした。

しかし、母がいつからか…
どんな映画でも、主演男優がイケメンじゃないと観る気がしない
と言い出したのです。

ですから、『her』の、何が面白くなかったの?と聞いても、ホアキン・フェニックスの顔がイヤだとか、早世した兄のリバー・フェニックスの方が男前だったとか、どうでもよい感想しか聞く事ができませんでした。

私も母の年齢になったら、こういう事を言い出すのかしら?
と考えてみたのですが…

いやぁ〜、人って変わるものですね。(苦笑)

You might also like

原爆投下から70年 映画 黒い雨

今日は広島原爆投下から70年になります。 ドイツ時間の昨晩深夜にネットから平和記念式典営の様子

黒澤監督の「夢」の最終章「水車のある村」

蛍光灯の光がどうも苦手です。 私と同じように蛍光灯の光が嫌いな方、決して少なくないと思います。

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

「メリンダとメリンダ」キッチン・インテリアのヒント

映画「メリンダとメリンダ」からキッチン・インテリアのヒントあり! 映画 メリンダとメリンダ[

シルクが似合う女

最近、地下鉄でみかけたジョシュア・ベルのコンサート・ポスターでふと思い出した映画「ラヴェンダーの咲く

スカーフを頭に巻くスタイル

映画の中のファッションも取り上げたい!と思い 2001年の作品、アラン ルドルフ監督の ”◎×▽

映画『ビフォア ミッドナイト』

オーストリアで、映画『ビフォア ミッドナイト』を思い出す

今日は オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(3) の続きはつづきなのですが、前回、詳細は「次の記

第65回ベルリン国際映画祭

1月の中旬あたりから、バス停や駅など、様々な場所に街中、張り出されていた『第65回ベルリン国際映画祭

毒親の連鎖 映画「8月の家族たち」

新作映画ではないのですが 今年のはじめに観た映画『8月の家族たち』の紹介です。 この映画に、

実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top