昔から食器類は人に割られてしまう…

posted on : ☆ 日常のあれこれ

タイトル通りなのですが
昔から食器類は人に割られてしまいます。

過去の例で言うと、ウチに泊まった友人が気を使って食器洗いをする(一応、断っているのですが…)手をすべらせ破損。日本に帰国した際に買ったガラス製のハリオの急須、急須の上にモノを落とされ破損。

他にもまだあるのですが、最近だと、あれだけ床にお皿を置くな!と注意していたにも関わらず、お皿の上にモノを落とした事が原因で破損。

そして、何よりもショックだったのがお皿の翌日に花瓶まで割られてしまったのです!割った方は泣きそうな顔をしていたので、私はやさしく?!注意だけにしておきました。

アラビア Raija Uosikkinen

どれもこれも高額・高級なものではありませんが、ハリオの急須以外は、同じ物を探すのが大変というか時間がかかる。いや、探し出せない可能性の方が高いような気がします。

これを読んでる方の中には、オンライン・ショップでヴィンテージ食器を販売してたのだから、破損しても沢山あるでしょ?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

実は私、食器類だけではなく靴や洋服・バッグなど持ち物全般も含め、非常に少ないのです!アパレルで働いていた頃(日本)は、この真反対でした。

退職を決意する1年前まで靴も洋服もた〜くさん。なのに、まだまだ足りない。まだまだ欲しい。私はまだまだ持たなきゃいけない… といったようなオカシナ思考のループにはまっていたのです。

かれこれ5年くらい少ない持ち物のライフスタイルで『足りない』と感じる事が一切なかったにも関わらず、非常に少ないモノから破損モノを数々出された数年を経て『今』久しぶりに『足りない…買わないと!』という気持ちになり、なんだか新鮮な気分になっております。(苦笑)

カタチあるものいずれ壊れる
良かったのか、悪かったのか…

※ 画像はアラビアのRaija Uosikkinenデザインの壁飾り用のミニ・プレートですが、割られたお皿ではありません。秋になったので落ち葉が舞うイラストが似合うかなと思い、写真に撮って使用しました。
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

実家にあったお宝 〜 70年代のタッパーウェア 〜

マンションではなく一戸建てだからかなのか、モノがやったら多い実家。 一階の和室がほぼモノ置き状

初めての来客とパスポート事件

ゲッティンゲンに引っ越して3ヶ月経ちました。 引っ越し後、ベルリンに戻りたくなったり、淋しくな

念願だったバルコン(バルコニー)なのですが

約1ヶ月前に不動産屋さんのスタッフが図面を持って訪ねてきました。バルコン(バルコニー)をつけます。工

Samahan サマハン ティー を飲んでみた!

去年の秋、日本へ一時帰国していた際に地元の友人がおすそ分けしてくれた、アーユルヴェーダ Samaha

カメルーンの青年に助けられる

断ったらいきなり豹変!引っ越しトラブル の続きです。 オーナーの奥様に"前日" に、

ベジタリアン・カップルのオーストリア料理 

先週末、ベルリン在住8年目になるオーストリア人カップルのディナーに招待していただき、お酒(アブサン)

猫の舌 チョコレート sarotti Katzenzungen

ゲッティンゲンの家を退去した後、約3ヶ月ほどニーダーハウゼンにある 義理の弟家族の一軒家に居候して

ドイツの猫 外で見かけない?

ベルリン生活4年間で、猫が外でうろついているのを 見たのは1回だけ。 ゲッティンゲンでは1年

義祖母 – 亡くなる前の不思議な出来事

2016年、11月末に短かった日本の一時帰国からドイツに戻り、街はすっかりクリスマス モード

Kusmi Tea(クスミティー)とYogi Tea(ヨギティー)

初めて私が Kusmi Tea(クスミティー)と出会ったのは、広島に帰省した際にEMIKOちゃん(現

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top