ハンス・ボーリングのチーク人形と愉快な仲間たち

posted on : ヴィンテージ記録帳

初めてチーク人形に興味を持ったのが、ベルリンにある某インテリアショップでのディスプレイ。

最寄り駅はU1のGörlitzer Bahnhofです。お店の名前を忘れてしまいました。また、長い間行ってないので、まだお店があるかどうか不明です。それはさておき、下の画像の一番左の人形をそこで購入しました。

hans01
お店のスタッフが教えてくれたのですが、デンマークの建築家Hans Bølling(ハンス・ボーリング))による木製人形が発売された以降、北欧だけに限らず、ヨーロッパ全土で似たデザインの人形が増えたそうです。

イタリア製もあればドイツ製もあり。魅力的なのは、そのままそっくりにコピーではなく、オリジナルにはない「愉快な姿」になってることだと思います。私が初めて購入したものは、髪の毛が七三分けで、頼りない表情。

hans02
こちらはHans Bølling の Pessimist(ペシミスト)人形。現在、日本でもレプリカ販売されていますが、画像はオリジナルのヴィンテージもの。レプリカではございません。足裏のサイン部分が異なります。
※ DILL objectsでのヴィンテージの販売は終了しました。

そして下の画像!

hans03
見てください。オリジナルを超えたロックな髪型を!

こちらは上の Pessimist(ペシミスト)人形に似せたもの。私はオリジナルとかけはなれたヘアスタイルにゾッコン!今も探しまわっています。ベルリンに来た当初はけっこう色々な場所でみかけたのですが、現在はあまり良い状態のものを見かけません。

また面白い姿のものを発見したいです。

弊社のオンラインショップではオリジナル以外、2体ほど販売しましたが即 SOLD OUTになりました。なかなかお買い上げに至らなかったオリジナルのヴィンテージ商品よりも人気だったのです。(苦笑)

You might also like

ヴィンテージ WECK ガラス・キャニスターの使い方

ヴィンテージ WECK(ヴェック)のガラス・キャニスターの販売を始めました! 私自身も頻繁に使

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ランプ。内容は分解後の続きです。

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン

ヴィースバーデン eigenart7 ヴィンテージ ストア

ベルリンだと多い、ヴィンテージを扱うインテリア ショップ。 私はベルリン時代、蚤の市だけではなく、

ヴィンテージ ネコグッズ

新しいカテゴリ『ネコ・グッズ』を作ろうと、商品を集めております。 一応、生産国は限定せず、とりあえ

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと

紙で残したい用のアルバム

非常にコンディションの良い60年代のアルバムを見つけました! こちらは未使用のまま長期

デンマーク DIGSMED DESIGN キャンドル

10月下旬あたりから蚤の市では少しづつクリマス・グッズ販売が増えはじめ、11月に入り本格的にシーズン

スイス ランゲンタールのMelitta(メリタ)

全体的に品薄状態なのですが、メインで様々な色や型を扱っていたヴィンテージ・メリタの陶器フィルターも同

クリスマス・プレゼント用のタッセル作り

蚤の市で見つけたヴィンテージのリペア用の毛糸。 赤や緑を選べば、クリスマス・プレゼントの装飾用


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top