ハンブルガーバーンホフの常設展

現代美術好きにはたまらない?!
ヨーゼフ・ボイスやウォーホルの作品がみれる「ハンブルガーバーンホフ現代美術館」Hamburger Bahnhof

私自身は Cy Twombly (サイ トゥオンブリー) の作品がある空間が特にお気に入りです。

ハンブルガーバーンホフ サイ トゥオンブリー

こちらは言わずと知れたポップ・アートの巨匠、ウォーホルの『マオ』(毛沢東) ですが、確か私が初めてこの美術館に来た時は作品の周囲(額の外側)にこのようなパープルのドッツ柄の壁ではなく、ただ単に白かったような… とにかくこの巨大サイズには圧倒されます。

アンディ ウォーホル 毛沢東

どこの美術館に行っても最後はゆっくりと館内のミュージアムショップをみるのが好きなのですが、書物のコーナーで素敵な写真集を発見!アーティスト名を確認せずにペラペラめくりながら、う〜ん、私好みの色やふんわか感。誰だろ〜うと表紙をふと見ると…

なんとサイ・トゥオンブリー!
実は、この時まで写真作品もあると知らなかったのでした。いつか、作品集もPhotographsシリーズも欲しいですね。

観光でベルリンに来られる予定がある方はぜひ!広い空間でじっくり楽しめると思います。
ちなみにベルリン中央駅から徒歩圏内の場所にあるので簡単アクセスです。

Hamburger Bahnhof
http://www.smb.museum/museen-und-einrichtungen/hamburger-bahnhof/home.html

You might also like

ベルリン Cafe Einstein Stammhaus

ベルリンに旅行に来られた方は、ガイド本にも紹介されていて有名なので、既に行かれたり、ご存知の方も多い

ベルリン 分断された都市 – シオン教会

5月6日〜29日までシオン教会 (Zionskirche)で、トーマス (トーマス・ヘンゼラー /

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!

ベルリンでコーヒー カッピングを体験

先週の木曜日から週末にかけてベルリンに滞在してきました。 今年の3月にベルリンからゲッティンゲ

デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。 既に4年も前になるとは...

ドイツ国内の引っ越し ②

ゲッティンゲンを退去する前に次に住む家を探さないと! … という事で、特に9月は本腰入れ、

ベルリンの秋

すっかり秋の景色になりました! こちらは日本のように秋が長いわけではないので、天気の良

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィースバーデン 秋の風景

ヴィースバーデン すっかり秋模様になりました。 2週間前あたり

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その2)

来月、11月3日(金)の文化の日に広島市、安佐北区深川にある 明光寺

クロアチア 虫除けスプレー効果なし。意外なモノで対応?!

青空が広がる快晴の日々。 素晴らしい景色が広がるショルタ島。

クロアチア ショルタ島のバス時間には気をつけて…

先月、夏休みを クロアチア ショルタ島で 過ごしたクロアチア シリー

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top