戻ってみて痛感!かなり異なる街の風景

posted on : ● いろいろゲッティンゲン

ベルリン滞在中の出来事は、まだ引き続きで書く予定ですが
今日はひと休みして、ゲッティンゲンから静かな日常と近所の風景画像をお届けします!

5月1日(メーデー)はベルリンだと毎年、Kreuzberg(クロイツベルク)や Neukölln(ノイケルン)あたりで激しいデモが繰り広げられるのですが、こちらゲッティンゲンのインネンシュタットはかなり静か。

過去、一度だけ何も考えず、メーデーの日にクロイツベルク方面に出てしまい、パンクスの集団が暴れていて、警察官に何かを投げつけており、身の危険を感じドギマギした事があったのですが、今となっては懐かしい思い出です。

ゲッティンゲン

ベルリンから戻ってみて、やっぱり痛感!
かなり異なる街並です。

ゲッティンゲン 街並

2010年、初めて東京からベルリンに移住した際、なんて建物が低くて空が広いのだろう!!と非常に感動したのですが、ベルリンからゲッティンゲンに住み始め、建物の大半が2階建て(日本だと3階にあたる)3階建(日本だと4階)てなので、また更に空が広い〜と思いながら生活しております。

ゲッティンゲン

以前にも書いたかもしれないのですが、道にポイとゴミを捨てる人を見かける事はありません。

ベルリンでは地区にもよりますが、堂々とポイ捨てする人が本当に多かった… 大好きな街ですが、そこは気に入らなかった点の1つです。

ゲッティンゲン

ベルリンで最後に住んでいたアパートでは、鳩の巣が屋根近くにあったので、特に朝方は鳩の鳴き声で少々うるさかったのですが、どうも今住んでいる建物にも鳩が住んでいるのか、時々見かけたり鳴き声も聞こえます。

私は知らなかったのですが、鳩は平和の象徴だけではなく良い知らせを運んできてくれる鳥でもあり、開運だったり縁起が良いらしいのです。それはありがたい!

今年もまた楽しく、面白い年になりますよう…
にと心の中で祈ったのでした。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

Ostermarkt (イースター・マーケット) はウサギだらけ!

教会内の小さなイベントやバザーの類いはのぞき、過去ベルリン生活で Ostermarkt (オースター

ゲッティンゲン コンディトライ Cron & Lanz

先日、ドイツ国内の友人から来月にゲッティンゲンに行くので オススメのお店等あれば教えて欲しいとメー

小さな専門店が面白い!Le Papillon

9月に入った途端、急に肌寒くなったのですが、ベルリンの友人からも肌寒くなったと昨日メールが入り、今日

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し③

このシリーズ、ストップしたままで、木骨造の家(Fachwerkhaus)を内見した内容の記事を書いて

初めてドイツのお直し屋へ

2010年からドイツで生活していますが 今日、初めて『お直し屋』さんへ行ってきました。

さよならゲッティンゲン

さよならゲッティンゲン

先月の15日でゲッティンゲンの家、完全退去しました。 当初からゲッティンゲンは1年9ヶ月と期限があ

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し⑤

ベルリンだけじゃなかった!大変だった家探し④ の続きとなり、このシリーズは本記事の⑤で最後になりま

ゲッティンゲン ベトナム料理 Vietal Village

インテリアがキメキメで、こだわってる風なお店ほど お料理はあんまりかな… という所が多かったゲッテ

のんびりゲッティンゲン

週末、とても暖かくて快晴だったゲッティンゲン。 日曜日、はじめて街なかをゆっくり散歩してみました。

ドイツ国内の引っ越し ①

去年の10月15日にゲッティンゲンの家を完全退去したのですが、実は9割近くの荷物はゲッティン

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top