Tate Modern – Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) 展

Tate ModernにてGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター展を観に行きました!

richter

ドイツ人アーティストであるリヒターの作品を初めて観たのはミュンヘンにあるPinakothek der Moderne (ピナコテーク・デア・モデルネ)です。しかし今回、ロンドンのTate Modernはリヒターの個展なので圧倒的に数も多いですし、画集でしかみたことがなかった作品も多数。実物には本当に圧倒されました。

来年、2012年の1月8日まで開催中なのでロンドン旅行のご予定がある方には、特にオススメです!そして、日本で公開中なのか公開予定があるのか不明なのですが、ドイツでは リヒターのドキュメンタリー映画が公開中 です。

richter02

観終わった後、作品の余韻をひきずりながらテート・モダン内にあるカフェでお茶をしました。(確か、7Fだったと記憶しています) この日は朝から快晴で、カウンター席に座ったのですが、目の前にドドーンと広がるテムズ川や建物の風景は本当に美しく、絶景でした!

richter03

ここはセルフサービスのカフェでドリンク代もお手頃価格。ただ、小腹が空いた場合はココでケーキ等はオーダーせず、お茶だけにした方がよさそうです。… というのがあまり美味しくなかったので。

You might also like

ライプツィヒ 日帰り旅行 (2) グラッシィ工芸美術館

日帰り旅行でのメインとなる場所「グラッシィ工芸美術館」に行ってきました。 MUSEUM IM

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS(1)

先月末、念願だった K21 STÄNDEHAUS へやっと行ってきました! デュッセルドルフは

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

タマラ・ド・レンピッカのアトリエ

画集ではなく、初めてタマラ・ド・レンピッカの本物の絵画をみたのが2005年に東京都美術館で開催された

ロンドン ショーディッチ Leila’s Shop カフェ

ふらりとショーディッチ界隈 (Shoreditch) を散歩中に目に入ったカフェ。 店の奥から見え

ウィンザー城 長い 長〜い ロング・ウォーク

イギリス滞在時にウィンザー城に観光で行ってきました! 時間がたっぷりなくても半日程度で

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

久保舎己 (くぼ すてみ ) 版画集

ベルリンを拠点にアートコーディネーターとして活動されている河村恵理さんがコーディネートされた関係で知

アントワープ旅行 ④ MoMu マルジェラ ザ エルメス イヤーズ

アントワープに行くのであれば、ココへは絶対に... と心に強く決めていた場所、モード美術館。

バッキンガム州 Marlow (マーロー)

ベルリンから無事イギリスに到着し、バッキンガム州 Marlow (マーロー)へ。 故郷


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top