実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。

この時期、知人の従兄弟がアムステルダムからベルリンに遊びにきてて、連れてってくれたのです。そうじゃないと、私は自ら調べて行ってなかったですね…

そもそも知らなかったのですから!

エミ、知らないの?えーーー?なんて横で言われながら、パフォーマンスを見ながら熱くGelitin の活動を語ってくれました。

gelitin

私はということ、この時点ではオーストリアの友人、知人もいなければ旅行にいった事さえ無いし。あまり興味ナシ状態でふんふん相槌をうちながら聞いてたのですが、今までに見た事が無いパフォーマンスや即興で作りあげるオブジェには正直、驚いちゃいました。今後、忘れる事はないと思います。

そこで、何で下の画像がジム・ジャームッシュ監督の映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』なわけ?と疑問に感じると思うのですが、先日、ベルリン在住のオーストリア人の友人とお茶してた際、新鮮なお肉や野菜がベルリンの郊外で手に入るとか、うんたらかんたら話してたんです。

それで、ベルリン郊外で採れたお野菜を売ってるお店があるよ、と私がiPhoneに入ってる画像を探してた際、たまたまこのGelitinの画像が数枚あったので何も考えずに彼女に見せたら…

lovers

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』の映画に私達を招待してくれたアリアネの兄さんはGelitinのメンバーだよ。そしてこの Schinkel Pavillon であったパフォーマンスは私も見に行ってたのよ!と教えてくれたのでした。※ Gelitinは4人の作家によるユニット

映画のチケットをくれて招待してくれたアリアネはライター氏の妹さんだったのか… と初めて知ったのでした。でも、それ以上に不思議に思ったのが10月に出会った友人とは1ヶ月前に同じ空間にいたんだ…という事実。

去年の秋以降から、不思議な出会いや繋がりが多く、人生って不思議だなぁ。面白いなぁと思うのでした!


Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

黒澤監督の「夢」の最終章「水車のある村」

蛍光灯の光がどうも苦手です。 私と同じように蛍光灯の光が嫌いな方、決して少なくないと思います。

ryoji ikeda db – Hamburger Bahnhof

先月、Hamburger Bahnhof (ベルリン) で開催中だった ryoji ikeda db

ペルガモン博物館

この夏に『ペルガモン博物館』に行った事を忘れていました… いつもで行けるや〜なんて思ってると行

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 先週の日曜日に行

タマラ・ド・レンピッカのアトリエ

画集ではなく、初めてタマラ・ド・レンピッカの本物の絵画をみたのが2005年に東京都美術館で開催された

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS(1)

先月末、念願だった K21 STÄNDEHAUS へやっと行ってきました! デュッセルドルフは

デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。 既に4年も前になるとは...

スカーフを頭に巻くスタイル

映画の中のファッションも取り上げたい!と思い 2001年の作品、アラン ルドルフ監督の ”◎×▽

Drawings Storage

先々週、 Tian Fu で、特に誰の誕生日でもなかったのですが、友人(カップル含め)9名が集まり

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top