断ったらいきなり豹変!引っ越しトラブル

前回の記事に書いた、トラブル その2)
の詳細内容です。

上画像はゲッティンゲンで借りて居たアパートのキッチンで元々あった
備え付けの棚です。

「見た目」も」「使い勝手」も悪かったため、使用するのはやめて
自分たちが所有するヴィンテージの食器棚を置きかえました。

この食器棚はかなり重く、倉庫スペースまでの階段が狭かったため
大家と次に入居するフランス人男性の了解を経て、倉庫ではなく
そのままキッチンに置かせてもらうかたちで退去。

しかし、これがトラブルの元になるとは!その時は思ってもいませんでした。今更ですが、借りた倉庫のスペースに他の荷物と共にどうにか移動させておくべきだったのです。

食器棚以外の荷物をゲッティンゲンの大家所有の倉庫スペースに預けていたのですが、きちんと契約書を交わしていました。

・保管期間は6ヶ月まで。

敷金700ユーロを預け、半年までに引き取らない場合、返金不可。
荷物の所有権は大家側というもの。

しかし半月前、大家の奥さんから私達が置いたままにした
食器棚を売って欲しいとメールが入ったのです。

値段の提示はなく、ただ売って欲しいという内容。

それで私達、『お断り』の返信をしたんです。
かなり使い勝手が良い棚なのですが、それだけではなく思い出が!

購入の際、本当はハノーファー方面にアウトバーン(自動車高速道路)
を走らせないといけないのに、真反対のカッセル方面に40分近く車を走らせ
ほぼカッセルじゃない?の地点で間違えにやっと気付き、車内で大爆笑。

というわけで、食器棚を見るたびに方向音痴すぎる出来事を思い出して
笑えるのです。

思い出料金まで上乗せするのも何ですし、とにかく値段交渉を奥さんと
するのがイヤ!ここはシンプルに嫌なら嫌でOKと判断し、お断りしました。

しかし… 3日後、大家の奥さんから
驚き内容のテキストが夫の携帯に入ったのでした。

明日の12時までに「食器棚」を引き取りにこなかった場合
捨てます。

ええええっ!私はただただ驚き、唖然としてしまったのですが
夫は猛烈に怒ってます。なんせ前日の19時過ぎに、いきなりの通告。

大家の奥さんは、シャワーの工事の時 など、時々うちに入ってきた
事が何度かあり、その都度、キッチンの食器棚を見て

どこで購入したの?
古いのにコンディション良いわね。

と言ってきたのを覚えていたので、彼女のテキスト内容には心底、軽蔑しました。「捨てる」って…

他の全荷物の契約は4月以内。倉庫スペースに入れていなかった「食器棚」だけが、別の場所(元借りていたアパートの室内)にあるため細かいですが、契約書からもれています。

彼女がそこをついて、言っているのかどうかはわかりませんが、食器棚だけ引き取るのではなく、一切関わってはいけない人間だと判断し、全ての荷物を明日の12時まで、どうにか引き取るべきだと夫に伝えました。

昔の私なら、即・キキキーーーーと怒り心頭だったと思うのですが不思議なもので思考がゆるく変化していました。

初めてドイツ(ベルリン)に住み始めてから今まで、滅多に無い事ですが、意地悪というか、ありえない仕打ちをされた場合、必ず助けてくれる人が現れたんですよね。なので

“人に傷つけられても、人に救われる”

そんな根拠のない自信があったので、怒りの感情で取り乱すこともなく、冷静に引き取る方法だけを考え、翌日早朝に夫と義理の弟、そして現地で雇った1名の男性で全ての荷物を引き取ったのでした。

しかし例の大家の奥さん、まさか本当に12時までに引き取りに来るとは思ってもいなかったようで、非常にあたふたしていたそうです。

あなたたちの後に入居した男性がヘビースモーカーで、いつもキッチンで吸っていたから食器棚を煙草の匂いから守りたくって! などなど、聞いても無いのに脈絡の無い言い訳(のつもり?)を独り言のように言っていたとか。

やはり、無理難題をふっかけ、捨てる(単なる脅し)→ 私物にしよう
としてたのでしょうか? 真相はわかりませんが残念な性格の人だなぁ。

友人は選ぶ事ができます。しかし、こういうケースの場合「他人」だと
特に、起こる可能性が少なくないのでは?と思いました。

相手の人間性までよくわからない相手の場合、必ず細かいところまで
契約書を交わしていた方が自己防衛のために良いし、お互いのためにも良い。

という事をきちんと覚えておきたいです。

最後に、ヴィースバーデンでは荷物運びにカメルーンから留学で来ている
青年3人に助けられ、無事に引っ越しが完了し、後は室内の整理整頓だけ
になりました。

カメルーン青年たちとの出会いがなかったら、、、
引っ越しの際に利用したレンタカーの延長代が確実に発生していたはず。

この詳細はまた近日中に書く予定です!
ネット・トラブルで随分、更新できませんでした。
完全にネットが使えるようになりましたので、なるはやで更新します!

You might also like

進まないどころか始まらない工事

シャワー・スペースのドアが壊れて既に1ヶ月経過。 かなり古いタイプだったせいか、大家に連絡した

用事があってフンボルト大学の図書館ヘ

日本と違って秋が短く、夏が終わってあっという間にグレーの空模様がやってきて、毎年のように「寒くなった

日本の友人達からの小包

東京と広島に住む 長い付き合いの友人達から小包が届きました。 何度も記事に書いた事が

Ostermarkt (イースター・マーケット) はウサギだらけ!

教会内の小さなイベントやバザーの類いはのぞき、過去ベルリン生活で Ostermarkt (オースター

実家にあったお宝 〜 70年代のタッパーウェア 〜

マンションではなく一戸建てだからかなのか、モノがやったら多い実家。 一階の和室がほぼモノ置き状

ロシア人夫婦のお宅にいたおデブ猫

1月、ブログを全く更新できず2月になってしまい、年末年始の内容を書くのは非常に気が引けるのですが… 

イースター休暇

引っ越し後、インターネットのトラブルで使えず。 先週の土曜日にやっと02の人がきてくれて開通し

変化してた、Potsdamer Strasse 界隈!

先週末、Kunstsaele Berlin で Dammann氏の展示に行くため、現地で友人たちと待

小さな専門店が面白い!ドライ・フルーツ編

ベルリンでも特に入手が困らなかったドライ・フルーツ。 大抵、大きなフード・マーケットだと量り売

ニーダーハウゼン 消防まつり

昨日、義理の弟家族に会うため、ニーダーハウゼンに 行ってきました。 ヴィースバーデン中央駅か


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
築110年の古民家 北広島町 峠の美容室 わらふ

前回「野の花かふぇ」を紹介しましたが、このカフェで ランチをした後に

広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが 文末に 『ベルリン

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 (その3)

10月31日にフランクフルト空港からルフトハンザ機で出発。 今年は東

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったと

一滴の音 一滴の踊り ゆらゆら混ざる余韻(広島 LOG)

広島で友人(きくち まゆ ちゃん)が 出演するイベント告知です。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top