紙で残したい用のアルバム

posted on : ヴィンテージ記録帳

非常にコンディションの良い60年代のアルバムを見つけました!

fotos01

こちらは未使用のまま長期保管されていたアルバムなので、中に写真が貼られているわけではございません。ご安心を!しかし、既にヨーロッパの蚤の市に行かれた方はご存知だと思いますが、使用済の家族アルバムって普通に売られているんですよね…

ベルリンを代表する蚤の市のひとつでもあるマウアーパークへ初めて行った時に驚いたのが、家族アルバムがごろごろと無造作にダンボールに放り込まれ、売られていた事でした。マウアーパークに限らず、どこの蚤の市でもあるのですが販売されていた量が半端なかった記憶がございます。50年代〜60年代はもちろんのこと、まだ何処かで持ち主は生存されてますよね?と思うようなカラー写真のアルバムまで。

一体どういう経緯で蚤の市までたどり着いたのか…
家族アルバムなので妙に切ない気持ちになります。

fotos02

上のイメージに使用した帽子をかぶり、サングラスまでしている犬のモノクロ写真は Schöneberg にある古道具屋で購入したアルバムの写真。アルバムを開くと幸せそうな夫婦の食卓、ティータイム、犬の散歩の写真など… どれも素敵だったので購入!写真だけではなく、見知らぬ家族の “幸せな日々の思い出” も購入したのでした。

ここ数年、撮影した写真をプリントアウトせずデジタルで保存したままなのすが、蚤の市へ行くたびに紙で残すのもいいなぁ〜、と思うようになりました。思い出がつまっている写真はやっぱり”紙でも”残したいっ!という事で、
本日のブログは紙で残したい用のアルバムの紹介でした。

※ 商品の販売は終了しました!

You might also like

メリタのコーヒーフィルターとケメックス

ヴィンテージ・メリタの陶器製フィルターをオンラインショップ DILL objects / 現在リニ

愛着を持ち続けられる小物をデスクまわりに!

デスクまわりの小物にこだわりはありますか? 私の場合はパソコンに向かっている時間が長いので、デ

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿スタンド」を購入しました。

『mono-RING』Peter Raacke デザインとの出会い

mono社 のヴィンテージ・カトラリである『mono-RING』をDILL objectsで販売する

金継ぎ(きんつぎ)は金相場で修理費が変わる?

この冬、日本一時帰国中にやりたい事、行きたいところを ピックアップして忘れないようにメモしているの

ヴィンテージ メリタでひとりコーヒータイム!

あなたはコーヒー党?それとも紅茶党? 私はコーヒー党です。いわゆるダージリンやアッサム等の定番

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン

ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

約半年前から欲しいな... と思っていた『Buchlese-Lampe』 文字通りBuch (

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top