ロンドン FOOD LAB カフェ

posted on : ○ 旅 - イギリス

以前、ベルリンに住んでいた友人、Vivien (ヴィヴィアン) と
彼女がオススメするカフェに行ってきました!

lab01

土曜日だったせいか、やや遅めの朝食をとっているお客で店内は込み合っていましたが、私たちは運良く少しだけ待って席につくことができました。

画像はないのですが、オーダーしたのは典型的なイングリッシュ・ブレックファスト。大きなお皿にフライド・エッグ、ビーンズにグリルしたマッシュルーム。美味しいとか、美味しくないとかでなく… なんと表現したら良いのでしょうか。難しいのですが、正直に言うと”可も無く不可も無く”というのが感想です。

私が無表情で食べている横で友人がポツリと「ベルリンが時々、無性に恋しくなる。カフェだって沢山あってオリジナリティがあるし。けれどもロンドンで良いカフェはあっても数が少ないのよね。」と…

lab02

ロンドンのカフェシーンが好きな方、決して気を悪くしないでください。次回、書く予定のカフェ(その2)ではイーストで素敵だなと思ったカフェを書く予定ですので!!

また、ここのFOOD LABでは朝食しかとってないのでケーキ等の感想を書くことが出来ないのですが、デコレートは非常に上手でステキでした。下記にHPのリンクをあげておきます。

FOOD LAB
http://foodlablondon.com

追記

Vivien (ヴィヴィアン)とは2年に1回のペースで会っています。
ロンドン在住ですが、彼女は大のベルリン好きなので時々、遊びにきた際に会います。

viv

画像は去年(2014年)ベルリンの某カフェで撮ったものですが、なんとなくロンドンの FOOD LAB に雰囲気が似ていて、懐かしく思いました。

You might also like

HUNTER for Jack Wills ハンターブーツで散歩してみる

本日は、の〜んびりと川沿いを散歩してきました。 朝から快晴で、やや空気は冷たかったもの

ウィンザー城 長い 長〜い ロング・ウォーク

イギリス滞在時にウィンザー城に観光で行ってきました! 時間がたっぷりなくても半日程度で

ロンドン ショーディッチ Leila’s Shop カフェ

ふらりとショーディッチ界隈 (Shoreditch) を散歩中に目に入ったカフェ。 店の奥から見え

Tate Modern – Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) 展

Tate ModernにてGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)展を観に行きました!

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

巨大規模のカーブーツセール

イギリス滞在中、念願だったカーブーツセールに行ってきました! この画像だと、何これ?と思う方が多い

La Maison – アンティークショップ

Marlow (マーロー) にあるアンティークショップ「La Maison」にイギリス在住の友人が運

バッキンガム州 Marlow (マーロー)

ベルリンから無事イギリスに到着し、バッキンガム州 Marlow (マーロー)へ。 故郷


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

メイソンジャー入りのシュナップス O’Donnell Moonshine

ヴィースバーデン ストリート フード イベント の続きです!

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その1)

再来月、11月3日(金)の文化の日に 広島市、安佐北区深川に

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひ

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top