メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

posted on : ヴィンテージ記録帳

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。

ドイツ製メリタのペーパーとメリタ・ジャパンのペーパーが同じかどうか教えて欲しい

正直、ドキっとしました。こちらでは日本製のペーパーの購入が出来ない上、日本への帰国予定もなし。どうやって調べようかしら?と悩んでいたのですが、ネットで調べ検索したところ、面白い記事を発見!

● FSCマーク製品ものがたり > メリタジャパン「フィルターペーパー」
http://shitte-erabo.net/story/274/

すべての製品をドイツで製造していることもあり、日本で販売のフィルターペーパーもFSCマークが入るデザインに変更しました

100-01

I氏にメールで、全ての製品を『ドイツで製造』してる旨をリンクと一緒にメールで報告し、交渉をしたのでした。

ドイツで販売しているメリタのペーパーを「ペーパー+送料」当方が支払いするので、詳細をレポートとして送ってくれないでしょうか?

結果、承諾を頂いた後、撮影して頂いた画像が届いたのでした。下画像2つと内容になります。

100-02Photo by I 氏

ドイツ製のペーパーは、メリタジャパンのナチュラル・ブラウンと同じ。見た目、手触り、共に同じ。コーヒーを淹れてみたところ、違いは感じられず。箱に記載あるサイズ表記が100か1X1の違いがあるだけで、中は同じ。

という結果を報告を頂いたのでした!

ちなみに、現在日本でメリタから販売されている陶器フィルターは、1X1、1X2 とあり、白のみ(穴は1つ)の販売になります。ヴィンテージはその点、色は様々あり、2つ穴〜とバラエティに富んでいます。

100-03Photo by I 氏

ヴィンテージ・メリタの陶器フィルターはカケやヒビがないもの、そして使用感が極力少ないものを厳選して仕入れています。中にはデッドストックの未使用品もございます。只今、品数が非常に少なくなっていますが、引き続き、仕入れに努めたいと思います。

最後に I 様、レポートと上手に撮影された美しい画像、本当に感謝してます。
ありがとうございました!

You might also like

ヴィンテージを使用したイースターのデコレーション

日本ではあまり馴染みがないイースター。 各国問わず、クリスチャンの方には非常に大事な行事の1つです

『mono-RING』Peter Raacke デザインとの出会い

mono社 のヴィンテージ・カトラリである『mono-RING』をDILL objectsで販売する

ヴィースバーデン eigenart7 ヴィンテージ ストア

ベルリンだと多い、ヴィンテージを扱うインテリア ショップ。 私はベルリン時代、蚤の市だけではなく、

非売品の mono アイテム

先日、Peter Raacke 氏に取材に行ったことがあるという 友人から mono のレア・アイ

イエナグラスの収納方法

ベルリン在住の日本人男性アーティストのお茶会に呼ばれた時に、キッチンで見かけた良いアイディア。使い込

プッチ(ローゼンタール)のポット

本日から発売スタート『ローゼンタール × エミリオ・プッチ 』の紹介です。 この記事は

紙で残したい用のアルバム

非常にコンディションの良い60年代のアルバムを見つけました! こちらは未使用のまま長期

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ランプ。内容は分解後の続きです。

スイス ランゲンタールのMelitta(メリタ)

全体的に品薄状態なのですが、メインで様々な色や型を扱っていたヴィンテージ・メリタの陶器フィルターも同


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top