Berlinische GalerieでERWIN WURM展

6月中旬に2泊3日ほどベルリン滞在したのですが、Berlinische Galerie
今年の4月から開催しているERWIN WURM 展に行った事をブログに書いておりませんでした。

8月22日終了なので残りわずか数日です!

Erwin Wurm はオーストリアのアーティストなのですが、お名前が…
カタカナ表記で書くのは難しいですね。

エルヴィン ヴルムと記載している方が少なくないですが、これドイツ語圏でこのまんま “カタカナ読み”をした場合、高確率で通じないと思います。私は エァヴィン ヴゥァム と聞こえるのですが、勝手にカタカナに当てて書いただけで正確ではないですし、表せられない!本当に難しいですね。

度々ブログに書く際に地名や人名に関してのカタカナ記載に悩んでいますがWikipedia等にリンク付けすることも多いのでケースバイケースで記載してます。

オーストリアのアーティストErwin Wurm

さて、Berlinische Galerie ですが、ベルリンに住んでいた最初の頃はオープニングの日によく行っていました。理由は無料で入館できるから。

今回、当然ながらチケットを購入したわけですが、チケットカウンターの後に『Narrow House』が見えます。

オーストリアのアーティストErwin Wurm

入場してすぐの展示が『Narrow House』
数人しか並んでいなかったので良いチャンスだと思い、そのまま入りました。

入り口付近に立っていたスタッフに写真撮影はOKだけど中に入ったら立ち止まらないように!と言われたような記憶があるのですが、中に入って即・納得!

すべてが極細〜。

オーストリアのアーティストErwin Wurm

狭いスペースに
細いトイレ、細いバスタブ、激狭ベッド!

建物内で人とすれ違う時は、どちらか片方の人が体を横に向け、待っていないと無理な状態。
家具類のディティールをじっくり見たかったものの、不可能でした。

オーストリアのアーティストErwin Wurm

皆さん、素早く写真を撮っていましたが、私も他の方に迷惑にならないよう、ササっと撮影してNarrow Houseを出ました。

そして次なる展示スペースへ。

ベルリンで ERWIN WURM展

One Minute Sculptures シリーズです!

体験型アートとなっていて、マテリアルが置かれている各場所の何処かにイラストが書かれています。イラストがないと… まったく想像つきませんよね。

イラストのとおり、親子でやってる人を発見!

オーストリアのアーティストErwin Wurm

こちらはトイレ用の洗剤でしょうか。
イラストはというと、顔を横にして耳の上あたりに置いています。

オーストリアのアーティストErwin Wurm

小学生位だとイラストと同じようにやってる子も数人いて
可愛らしかったのですが、それ以上小さいと、、、

ただ洗剤を持って、どこかに持っていこうとしたりで
ママさん、大変そうでした。

オーストリアのアーティストErwin Wurm

中でも印象的だったのがコチラ!

この女性、私はずっと見ていたのですが バックをかぶったまま
けっこう長い時間、立ちっぱなしでした。

オーストリアのアーティストErwin Wurm

友人同士、カップル、家族で楽しんでいる人が大半だったのですが、皆が楽しんでいるのを見ているだけで、こちらも楽しさが伝わってくる空間!

オーストリアのアーティストErwin Wurm

最後にみた作品は日常的なオブジェクツで
奥側の広〜いスペースに置かれていました。

時計、スタンドランプ、ラウンジチェアやソファ etc
確か素材はクレイだったと思います。

One Minute Sculptures シリーズのスペースとは大きく異なり、クール感いっぱい。私はランプが気に入り、購入なんて出来ませんが、欲しいわ〜なんて思いながら魅入ってしまいました。灯りがついていて実用的そうだったので…

アナウンスするのが非常に遅くなってしまいましたが、8月22日までベルリンに旅行で滞在される予定のある方はぜひ足を運んでみては如何でしょうか?

Berlinische Galerie
Alte Jakobstraße 124-128
10969 Berlin
http://www.berlinischegalerie.de/en/

You might also like

長い間、行かずじまいだった Thai Park

初めてベルリンで一人暮らしをした時、最寄り駅が Fehrbelliner Platz 駅。Thai

ハンブルガーバーンホフの常設展

現代美術好きにはたまらない?! ヨーゼフ・ボイスやウォーホルの作品がみれる「ハンブルガーバーンホフ

Wedding (Berlin) のスタジオへ

Weddigにスタジオを持っている『友人の友人』のところへ行ってきました。 Mitte

久保舎己 (くぼ すてみ ) 版画集

ベルリンを拠点にアートコーディネーターとして活動されている河村恵理さんがコーディネートされた関係で知

toiro kitchen モア 奈緒子さんがベルリンに!

ブログのParisシリーズで、何度も登場しているLAに住む同じ"広島出身"のEMIKOちゃんですが、

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 早めにと

Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

ノリオ君の first solo show のオープニングに GALERIE ALBRECHT へ

楽しめる ベルリン 北欧5カ国大使館

旧ブログから大半の記事をひっぱって、新ブログへの引っ越しを完了させたと思っていたのに、PLAY NO

ベルリン住んでいた頃に見た事がなかったモノ

2泊3日の非常に短くて、忙しかったベルリン滞在。 滞在中、ベルリンからブログ更新が出来れば!と

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top