ドイツの老人ホームで日本の祖母をおもう。

posted on : ■ マジメな話

去年の11月、日本に一時帰国中に認知症で老人ホームにいる祖母に会いに行きました。そして年始はドイツ。同じく認知症で老人ホームにいるフーさんの祖母に新年の挨拶も兼ね、先月に会いに行きました。

ドイツの老人ホーム

ドイツの老人ホーム

偶然にも、互いの祖母が認知症なのです。

そして寝たきりで会話もできません。会いに行って顔を見せても、両祖母とも私が誰なの理解できません。

画像は全て彼の祖母が入居している老人ホームですが、私はここに来ると日本の祖母をおもい、悲しくなってしまいます。

理由は環境の違い。

ドイツの老人ホーム

ドイツの老人ホーム

1ヶ月支払う料金は大差ないのにも関わらず、私の祖母の環境はオフィスのような縦長の蛍光灯がふんだんに使われた建物。外観も中もメイン・カラーは灰色。

1日中を過ごすベッドは木製ではなく、金属製のパイプベッド。まるで古びた病棟のようで、アットホームであたたかい雰囲気とはほど遠いのです。

ドイツの老人ホーム

ドイツの老人ホーム

日本の有料老人ホームだと、もっとお金を出さない限り「暖かい色の照明」に「木製ベッド」の環境を求める事は難しいのでしょうか?

誰でも老います。生きている限り私も確実に年を重ねるわけで、人ごとではありません。

ドイツの老人ホーム

ドイツの老人ホーム

心の中で” 私だったら” 木製のベッドで寝たい!ベッドまわりはひんやりと感じる事務系の金属家具ではなく、木製の家具に囲まれたい!

などなど、あれこれ考えてしまいました。

決して比較して、悲観しているわけではありません。将来、親の介護が心配だとか、自分の老後が不安だとか、恐怖心からくる思考でもありません。

私自身がどうしたいのか、どういう環境を望むのか、自分の心の中だけでも明確にしておきたいのです。

そうする事で、後からその希望や願望たる思いが現実となって、自分自身にうまくついてきてくれたらナ…と思うのでした。

You might also like

ドイツ 女性のミッドライフ クライシス

自分の人生は これでよいのだろうか? このままでよいのだろうか? といった、自身の

魔の二歳児 イヤイヤ期(ナインナイン期)

年明け、アメリカに住む友人と『クリスマスはどう過ごした?』と互いに近況報告をメールでやりとりした時の

体罰だけではなかった私の小学校時代 (1)

新しく「マジメな話」という名でカテゴリを追加しました。 その他のカテゴリ記事を不真面目

義祖母 – 亡くなる前の不思議な出来事

2016年、11月末に短かった日本の一時帰国からドイツに戻り、街はすっかりクリスマス モード

人間関係の悩み 海外職場編 – 本質はどこの国でも同じ (1)

人の悩みの多くは『人間関係』の悩みだというけれど、ありがたい事に私自身は随分長く、悩んだ事がありませ

テッセル島(その4)チノチノ差別事件 ②

『チノチノ差別事件 ① 』からの続きです。 何? 何が言いたいの? どういう意味?

良い影響・悪い影響

それは簡単じゃないよ。無理でしょ。ビザはどうするの? 約8年前でしょうか。東京から初めて観

ゆうパック LINEで簡単 再配達の申し込み!

日本って凄すぎる!!! 今回の一時帰国で一番、驚いたのが、ゆうパックの 再配達をLINEで『

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。 私は去年(2017年)、

人間関係の悩み 海外友人編 – 本質はどこの国でも同じ (2)

人間関係の悩み 海外職場編 - 本質はどこの国でも同じ (1) の続きです。 (1)


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Translate »
Back to top