改めて読みたい「魂の目的」ソウルナビゲーション

posted on : □ 本や雑誌

私の MacBook Air は購入から6年経過。

キーの「O」と「M」部分の色が剥がれ、白くなっており
ファンも、かなり頻繁にうるさい音をたてている状態です。

突然、動かなくなる事態が起こる前に、iPhotoにある画像の整理をせねばと週末に見ていた所、すっかり忘れていた画像を発見しました。

それは、ダン ミルマン著の「魂の目的」ソウルナビゲーションという本の数ページを写真に撮ったもので、誕生年月日をもとに三つ、あるいは四つの数字からなる誕生数を決定し、人生の目的を読みとる内容です。

私の誕生数は「30/3」
30/3の人生課題のページの ◇健康 部分を改めて読むと

30/3が感情を抑圧すると、鬱積した表現力が喉の故障として現れます。喉のかゆみや喉詰まりを感じた時は「表現しなければならないことは何だろう?」と考えてみる必要があります。感じていることを言葉に表してしまえば、喉はすぐ回復するでしょう。

そういえば一昨年の冬、広島に帰省をしていた際、友人の紹介でチャクラを見れる方がいらっしゃるという事で、みて頂いたのですが、喉が弱いと指摘され、上記の内容と全く同じ事を言われたのでした。

ちなみにチャクラはダウジング用の振り子のようなものを持たれていたので、誕生数から割り出して言われたのではありません。

その「喉」なのですが、私は28歳の時に気管支の病気をして2ヶ月近く入院し、気管支鏡検査の経験もあります。(気管支鏡検査は殺す気か!と思ったくらい苦しかった…)ストレスがかかると、まず喉に出て咳が長引きます。

正直、「占い」というのは全く信じてなく、今でも苦手なのですが、この本に関しては、占いのような類いではないと読み終えた後に感じました。

人は誕生した時
両親から名前をもらい
宇宙からは数字を授かる。

宇宙から数字を預かるなんて考えた事もありませんでしたが、数字は確かに神秘的ですよね。
===

● 30/3 心がけのヒント

・自己不信は「止まれ」の信号ではなく、乗り越えるべきハードルだと考える。
・見返りを期待せず、感情を惜しみなく与える。
・現在の感情を認め、表現する。
・自分の洗練された直感力と才能を信じ、活用する。

【3タイプ】に限り、経済的なハードルを生まれつきもってる人はいません。自己不信さえ克復すれば、ほとんど努力しなくても、自然と富が流れ込みます。
===

私の人生では「自己不信を克復する」というのが
重要ポイントのようです。

本は薄くはなく、けっこう厚みがあって重さもあります。
残念ながら、今のところ電子書籍にはなっていません。

あなたは何をするために生まれてきたのか

人生の永遠のテーマですが、この本は、心に霧がかかったような状態、人生に行き詰まりを感じたり、停滞期が続いてるかもと… 思われる方には、何かしら 気付きと、良いヒントが見つかるのではないかと思います。

まさに”人生の道しるべ” !!!

You might also like

60’s マグナム マガジンより string ( ストリング ) 広告

インテリア好きの方なら名称まで知らなくても見た事ある!という方が多いと思います。 画像は1960年

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

海外暮らしには特に使える!『VEGE BOOK』

私が日本から持参した数冊のレシピ本は『和食』メインのため、ベルリン暮らしには『買い物』視点で考えると

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

60’s マグナム マガジンより ~ RENZ の広告 ~

string ( ストリング )につづき、コチラも壁に取り付けるタイプの棚になります。 デザインは

デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。 既に4年も前になるとは...

山脇 道子 バウハウスと茶の湯

今年の春、久々に帰国して実家に帰省した際、どうしても読み返したかった本を数冊ベルリンへ持って帰りまし

MilK DECORATION(ミルクデコレーション)マガジン

去年の秋頃だったか、創刊された季刊誌『MilK DECORATION』(ミルクデコレーション)私はS

読書しなきゃ!

最近、積読(つんどく)が増え始めている事に気付き、いいかげんに、きちんと読んでいないものを読み始めな

こんなにも本の表紙デザインが違うとは!

去年、友人から面白かったよ!と教えてもらった本。 新しい主婦「ハウスワイフ2.0」という生き方


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top