整備不良で遅延!LCC コンドル航空

posted on : ○ 旅 - クロアチア

今回、クロアチア、スプリット行きで、初めて利用した飛行機が
Condor(コンドル航空)LCC(ロー コスト キャリア)です。

行きは Condor
帰りはルフトハンザ。

出来れば往復を「ルフトハンザ」利用したかったのですが、往復だと高くて、予算オーバーとなるため「行き」のみコンドル航空にしました。

だいたい、バケーション・シーズンなのにも関わらず、8月のチケットを7月下旬に購入する私達がバカ!高くて当たり前です。

ご存知の方も多いと思いますが、LCCだと基本、機内持ち込みの手荷物1つのみが無料。預ける場合は、Condor だと、チケット代金とは別にスーツケース1個(20ユーロ)別途支払い。機内のソフトドリンクやアルコール類は無料ではありません。

既にドイツに戻り、帰りはルフトハンザを
利用したから言える。

やっぱり、もう LCCは嫌だ〜!

経験上、チェック・インの際に利用する、LCC航空会社のカウンターのスタッフ、特に女性!非常に感じ悪い事が多いのですが、残念ながら、Condor カウンターでもそうでした。

私がマイレージ・カードをパスポートと共に出した時、カードを指差して「何これ?」と聞くので、マイレージのためよ、と返答すると、マイレージはつかないから!と喧嘩腰のような言い方で突き返されました。

Condorはルフトハンザが出資している会社なので、マイレージがつくものだと思っていたのですが、違ったようです。

それにしても、何これ?って、、、
一目みたら何かすぐわかるでしょ。

意地悪な言い方しか出来ない残念な人だなと思ったものの、大手航空会社のカウンターで感じ悪い接客を受けた事は一度もないので、やはり LCC で『普通レベル』の接客を求める方が間違ってると痛感したのでした。

サービスはタダではないという事。
LCC =「安かろう、悪かろう」

しかし、意地悪・対応だけで終わったわけではなく
ここから更にドッと疲れるような出来事が発生するとは…

出発時、飛行機に乗るため、バスで飛行機が待機している場所へ向ったのですが、フランクフルト空港は本当に広いです。やっと到着したかと思ったら、バスの扉がなかなか開きません。

車内はギュウギュウ状態で私達も含め
多くの人達が立ちっぱなし。

10分経過、20分経過、30分経過。

アナウンスはありません。状況不明のまま。
バスの扉は一度も開く事なく、再び出発。

到着したところは
元の出発ロビー!

2台目のバスに乗っていた人達、全員がロビー内に入ったところで、やっと状況説明があり、整備不良で約1時間ほど遅延しますと。やれやれ。

大手航空会社だろうが、LCCだろうが、整備不良等の遅延は発生するものですが、カウンターで嫌な思いをして更に遅延かいっ!

去年、ハノーファー空港からエア・ベルリンでウィーンへ行った時も、カウンターで嫌な思いをして、その後、出発ロビーから搭乗する時に、いきなり、あなたたちの席がないと言われたトラブルを思い出し、改めてLCCはトラブルが続くのかも… と思ったのでした。

予定の1時間より少しだけ早く、設備不良の修理が終わったようで、約50分後に再びバス2台で飛行機が待機している場所まで移動し、その後は無事に離陸して、1時間40分のフライトでクロアチアのスプリット空港に到着したのでした。

次回はスプリット空港で、タクシー勧誘がしつこくて強引だった内容を書きたいと思います!

LINKS

You might also like

クロアチア スプリットからショルタ島へ

前回の続きとなります。 クロアチア スプリットからフェリーで約1時間かけて ショルタ島に到着

クロアチア スプリット空港 タクシーには気をつけて!

今日から9月です! 時間が経つのは早いもので、あと4ヶ月で2017年も終わるとは... 8月

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく、ノラ猫です。 主にゴミ

島の物価は高い!クロアチア ショルタ島 マスリニカ

ショルタ島に着いた翌日、ステイ先から一番近い港、Maslinica へ 食材の買い出しに行きました


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

メイソンジャー入りのシュナップス O’Donnell Moonshine

ヴィースバーデン ストリート フード イベント の続きです!

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その1)

再来月、11月3日(金)の文化の日に 広島市、安佐北区深川に

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひ

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top