オススメ! ベルリンのガイドブック

posted on : □ 本や雑誌

夏休みにベルリンに旅行に来られる予定の方、いつか旅行に行きたいと思っている方、短期・長期問わず住みたいと思ってる方にオススメしたい本があります!

P-Vine Books から出版されているコチラの CITY BOOK OF BERLIN

berlin01

色目もデザインもシンプルでカッコイイですよね。

他、情報盛りだくさんの内容で決して薄くないのにも関わらず軽いのです!!
旅行中の持ち歩きに非常に適してるなと思いました。

berlin02

ショップや観光案内だけではなく、クリエイターのインタビュー・ページもあるので読み物としても面白く、特にベルリンに住もうかなとご検討されている方にはピッタリだと思います。

berlin03

 

余談ですが、クリエイターのインタビュー・ページに掲載されているカールステン・ニコライ 氏。まだ私が東京に住んでいた頃、代官山のどこかで展示を観に行った事があります。CDも持っていました。なのにも関わらず「音」と「作品」だけしか知らず、この本を手に取って初めて「お顔」を見たのでした。

最後に。マップとしての情報が盛りだくさんなので、住み始めてからも引き続き使える本です。私は今だに行った事がなかったり、知らなかったりするお店が沢山ありました。忘れないうちに、再び本を開いてチェックしてみたいと思います!

【注意】この本に限らず、Webマガジンやブログで紹介されている、ベルリンにあるショップの閉店や移転は少なくありません。実際、私がブログ初期に紹介したカフェも数店舗は既に閉店してます。行く前にHPページで調べる事をおすすめします。

You might also like

山脇 道子 バウハウスと茶の湯

今年の春、久々に帰国して実家に帰省した際、どうしても読み返したかった本を数冊ベルリンへ持って帰りまし

Heidi Swanson(ハイディ・スワンソン)レシピ本

数年前に素敵なレシピサイトがあるよ〜! とEMIKOちゃんが教えてくれたのがこちら 101

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。

elan エラン 島田順子と島田順子スタイル

帰国前から、私物の整理整頓をしっかりしてね!と母から念押しされていたので、先月実家に帰省した期間にス

60’s マグナム マガジンより string ( ストリング ) 広告

インテリア好きの方なら名称まで知らなくても見た事ある!という方が多いと思います。 画像は1960年

60’s マグナム マガジンより ジョージ・ジェンセンとRENZの広告

蚤の市では価値のある古書をはじめ、単なる古本や雑誌など様々あるのですが、それらを最初に立ち止まってチ

デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。 既に4年も前になるとは...

改めて読みたい「魂の目的」ソウルナビゲーション

私の MacBook Air は購入から6年経過。 キーの「O」と「M」部分の色が剥がれ、白く

60’s マグナム マガジンより ~ RENZ の広告 ~

string ( ストリング )につづき、コチラも壁に取り付けるタイプの棚になります。 デザインは


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィースバーデン 秋の風景

ヴィースバーデン すっかり秋模様になりました。 2週間前あたり

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その2)

来月、11月3日(金)の文化の日に広島市、安佐北区深川にある 明光寺

クロアチア 虫除けスプレー効果なし。意外なモノで対応?!

青空が広がる快晴の日々。 素晴らしい景色が広がるショルタ島。

クロアチア ショルタ島のバス時間には気をつけて…

先月、夏休みを クロアチア ショルタ島で 過ごしたクロアチア シリー

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top