(7)パリで美味しかったクスクス Chez Omar

店内の様子やカードのみで食事(クスクス)の画像はないのですが、ランチでクスクスを食べた『Chez Omar』を紹介します。

パリ Chez Omar

ココも同じく、Paris在住歴が長かった EMIKOちゃん に連れて行ってもらいました。有名らしく、美味しいもの好きのパリ在住日本人であれば、殆どの方が知っているのでは?との事でした。

後に『Chez Omar』でクスクスを食べました!とパリ発『webマガジンchocolatmag』の編集長でもある松永麻衣子さんに伝えたら「知ってますよ〜!」というお返事が。なるほど… 有名なのですね。

パリ Chez Omar

食事を終えた頃、ちょっとしたエピソードが。

ボトルがズラリと並んでいるカウンター内から私に向かって手招きするおじさまが。近寄って、なんでしょうか?と聞くと、君は日本人か?との質問。はい。そうですが… (一体、何なんだろう?と頭の中ではてな状態)その後、レイ カワクボ はうちの店に良く来るんだよ。僕はこのお店のオーナーなんだけどね。との事でした。

パリ Chez Omar

要するに、日本人だったら川久保玲(Comme des Garçons)は知ってるだろう!と言いたかったのでしょうね。あ〜ココはPARISなんだな〜と改めて感じたのでした。

パリ Chez Omar

クスクスはかなりのボリュームでした。

味は大満足。ランチといっても、少しだけ遅めの時間帯に行ったので席は空いていたのですが、夜は予約した方が確実だそうです。ご興味のある方はぜひ!おすすめします。

Chez Omar
47 rue Bretagne
75003 Paris
http://chez-omar.com

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

エディンバラ No.1 High Street

フィッシュ&チップス を食べた後に腹痛が

エディンバラ空港から Airlink バスで市内へ! の続きになります。 Edinburgh

パリ同時多発テロ後 国境はノーチェックだった…

去年の12月上旬、初めて陸路でパリに行ってきました。 ベルリンに住んでいた頃、テーゲル空港から

ベルリン CHAPTER ONE coffee

ベルリン CHAPTER ONE coffee

何やら可愛らしいイラスト+黄色の外壁に、店の外に出されている黒板の手書きのコーヒーサイフォン等に惹か

蔦屋書店 – Anjin アンジンで「暮しの手帖」を読む

カテゴリの「旅 - Japan」にこの「代官山 蔦屋書店」の記事を入れるのは、少々気がひけたのですが

睡魔が襲う人気のBar

どこかしら、アットホームな雰囲気のバー。 人気のバーに行くと、多くの店内が黄色がかった

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

ピエロギを食べに pierogarnia へ

本当は先週、スティーヴ・マックィーン監督最新作、映画『12 Years a Slave』 (邦題:

ANN’S COFFEE SHOP で朝食を

前回からの続きになります。 旅行中は3食とも全て外食ですませていたので、Santa Cruz

Heroes Cafe (ヒーローズ カフェ)

Neukölln (ノイケルン 地区) にある、Heroes Cafe (ヒーローズ カフェ) ベル

FROLLEIN LANGNER / ノイケルン

カフェ Frollein Langner は、ベルリンでパン職人として働く傍ら、ケーキとお菓子のブラ

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top