カメルーンの青年に助けられる

断ったらいきなり豹変!引っ越しトラブル
の続きです。

オーナーの奥様に”前日” に、明日の12時まで引き取りに来い!
と無理難題をふっかけられ、危機状態だったのですが、無事にゲッティンゲンで全ての荷物の引き取りが完了。

しかし、ヴィースバーデンに到着した後に再び新たな危機が!

ヴィースバーデンでは3名の人を雇い、18時にアパート前で集合にしていたにも関わらず、1名の青年のみで、他の2名はドタキャン。ひとまずキャンセルして予定を変更しても良いのですが、雇った人が翌日、確実にきてくれる保証はありません。

どうしよう… と頭をかかえてたところ、唯一時間通りにきてくれたカメルーンの青年が、明日 必ず来れる人材を僕が個人的に確保してくるから!と言ってきたのです。

青年の名前はチャールズ。

何か不思議な魅力がある人というのが第一印象で瞳が綺麗。おまけに服装がインテリ風。とりあえず私達は携帯番号を交換し、翌日の14時にアパート前に集合にしました。

そして翌日、きちんと約束通り2名を連れてきてくれたチャールズ。

彼と同様、カメルーンから来ている留学生の青年でした。引っ越し作業は慣れているのか、着替えや軍手のような手袋も持参してきていて、作業が的確でとっても早いのです。

ちなみに彼等と会うまで私はカメルーンの事を何1つも知らなかったのですが、母語はフランス語なんですね。

作業中の3人の会話がフランス語だったので、なぜ留学先をフランスではなくてドイツにしたの?と聞いたら、フランスはドイツよりビザの取得が厳しいからドイツにした。フランスだと語学をゼロから学ばなくても良かったんだけどね。と言っていました。

最終的に、彼等の真面目できちんとした仕事のおかげで予定していた時間よりも早く終わる事ができ、その晩は、有り難いな。本当に良い出会いだったな…と感動しながら眠りについたのでした。


例のゲッティンゲンのオーナーの奥さんですが、私達は奥さんに関して旦那さんに彼女からのメール内容の報告や抗議はせず、もう一切、関わらないでおこうと決めて、このトラブルもすっかり忘れつつあったところ、先方から敷金とは異なるお金が振り込まれたのです。

どうやら私達から光熱費を多く取っていたらしく、返金しますと。

どういう展開かわかりませんが、結果的には良かったです。

You might also like

芥子色 (からしいろ) の 世界

東京に住んでいた頃、洋梨は高かった記憶があるのですが、もっぱら安価で購入できる「梨」(和なし)を好ん

ベルリンから引っ越して1年経過

早いもので、ベルリンからゲッティンゲンに引っ越して1年たちました。 日曜日のお散歩中に見かけた

念願だったバルコン(バルコニー)なのですが

約1ヶ月前に不動産屋さんのスタッフが図面を持って訪ねてきました。バルコン(バルコニー)をつけます。工

多肉植物レポート(ベルリン)

パリ記事つづきの合間に『多肉植物レポート』を。 友人からプレゼントで頂いたにも関わらず

ゾネントアのハーブティー (セイヨウ イラクサ)

アレルギー性鼻炎や花粉症を暖和させる効果があるといわれているBrennnessel(セイヨウ イラク

アジアは若いうちに行け?(モンゴル)

最近ふと思うのが、まだ日本に住んでいた頃、そして若い頃にもっとアジア旅行をしておくべきだったなという

リューゲン島の石を使ってバスタイム

リューゲン島 へ旅行した際に浜辺で取ってきた石を バスタブに入れたり、バスルームに置いたりして楽し

念願だった多肉植物を頂きました!

日本だと簡単に手に入る『多肉植物』 しかし、ベルリンで売ってるのを見た事がなく、いろいろな人に

多肉植物レポート パテンシス

ベルリンに住んでいた頃に多肉植物の記事を幾つか書いたのですが、この時期に育てていた多肉植物は1種類の

茅乃舎だしで思い出す LA ニジヤマーケット

先日、東京から届いた大きめサイズの小包を開くと、どっさりギフトが入っていました。中に入っていたものは


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • pinterest

Back to top