オーストリア で11世紀の要塞城に宿泊(2)

posted on : ○ 旅 - オーストリア

オーストリア で11世紀の要塞城に宿泊(1)
の続きです。

お城の敷地内に入った後、住居らしき家が2軒ほどあったので、どちらに向かおうか戸惑ったのですが、片方の建物の玄関が半開きになっていたので、そちらを選んだら正解でした。

山の頂上にあるので、そう簡単に辿りつけない場所。戸締まりの事を一切気にしなくてもよさそうだなぁ…と思いながら扉を開けながら大きな声で挨拶。

M教授とパートナーの女性、そしてもう1名ゲストで先に滞在中のUCLAの教授(オランダ人女性)が出迎えてくれました。

オーストリア Burg

お部屋に案内された後は少しひと休み。

荷物を置いて窓から風景を見たのですが、霧がサササ〜っと上から下に流れていて美しかったです。※下画像は望遠レンズでズーム撮影。肉眼だと道路や家は極小です!

オーストリア Burg

動く霧で薄くなったり濃くなったり。晴れれば太陽の光りが当たり、山は不動ですが、また違った風景に感じます。

ず〜っと見ていても全く飽きない!

どの部屋の窓からも美しい景色がみれる生活環境です。

オーストリア お城の風景

私はすぐにでもお城案内をして頂きたいと密かに思っていたのですが、M教授から、翌日に地元の消防団が見学にくるので、その人達と一緒にまわって説明を受けて欲しいと言われました。

夫はすぐM教授のパートナーと、秋に某大学であるカンフェレンスの打ち合わせに入り仕事モード。ヴァカンス気分の私は夕食まで散歩したり読書したりで1人の時間を楽しみました。

オーストリア Burg

翌日、運良く快晴!

消防団員と城めぐりだと堅苦しい感じなのかしら?と少し緊張ぎみだったのですが、実際は消防団とその家族たちが参加。赤ちゃんはいなかったのですが、幼児から小学生位の子供たちが沢山来ていました。

オーストリア お城見学

アジア人(日本人)が非常に珍しかったのか、オチビちゃん達の「視線」が、お城ではなく私に…

ベルリンでは外国人は多いし、現在のゲッティンゲンでも大学都市のためアジア系でも浮く事はありません。子供に限らず、人に凝視され戸惑う事は皆無なので、この時の子供達の視線には正直、ドギマギ。

見返しても目をそらさないので、数人のオチビちゃんと何度も私は見つめあいました。

オーストリア お城 チャペル

お城の案内ですが、住居部分以外。

上画像は当時、チャペルとして使用されてたスペースです。

説明されて、なるほど!とカタチからわかる程度で、言われなければ気付かないくらいの風化状態。

オーストリア Burg

現在、チャペルは薪割りのスペースになってます。

オーストリア burg 本の資料から

こちらは本に掲載されていた上空からみた写真

オーストリア burg 本の資料から

お城の建築された部分の年代別の図(本より抜粋)

ドイツに戻ってブログに書くのに、要塞城の形を文章で説明しずらいだろうと判断したので、消防団の奥さんが持っていた本を拝借し、サっと画像を撮らせて頂きました。

この図を見てわかったのが、現在の住まいになっている建物が1500年代〜1600年代。(左側の緑色の枠)という事は、他の部分は建物として機能は殆どないのです。

巨大建築アートがひっついた住居に住んでいるといった感じでしょうか。

オーストリア Burg

現在生活で使用している部分は一般見学はナシ。
住居以外でも、ワインセラーとして使用しているスペースは入れませんでした。

ですので、ブログにはM教授カップルの住居内の全体写真は載せません。大丈夫だろうと思われる部分等を、続きの
「オーストリア で11世紀の要塞城に宿泊(3)」で紹介します!

You might also like

オーストリア小旅行

パスポート紛失(忘れ)と帰国の手荷物でまたもや…

『機内へ持ち込みトラブル発生?!ハノーファー空港にて』 で書かなかったのですが、実は到着し

11世紀の要塞城

オーストリア で11世紀の要塞城に宿泊(1)

引き続き「 旅 – Austria 」の内容です。 去年の丁度、今ごろだったと思うのですが、彼

オーストリア mumok

ルートヴィヒ財団 近代美術館 mumok – 時間とれず

楽しみにしていたルートヴィヒ財団 近代美術館 mumok(museum moderner kuns

オーストリア で11世紀の要塞城

オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(3)

オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(2) のつづきです。 朝、昼、晩とそれぞれの食事の時に

機内へ持ち込みトラブル発生?!ハノーファー空港にて

初めての Air Berlin(エア・ベルリン) のつづきです。 ゲッティンゲンには空港がな

初めての Air Berlin(エア ベルリン)

Air Berlin エア ベルリンの飛行機[/caption] 先々週、初めて Air B

住みたい!と思ったウィーンの街

「機内へ持ち込みトラブル発生?!ハノーファー空港にて」 のつづきになります。 ハノーファー空

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

ウィーンで卓球したくなったらココ!

ヴァイマルから戻ってます! あまりにも楽しくて、3泊4日のみの滞在予定だったのですが、ホテルを


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
築110年の古民家 北広島町 峠の美容室 わらふ

前回「野の花かふぇ」を紹介しましたが、このカフェで ランチをした後に

広島 大自然の中にある 野の花かふぇ

昨日、ベルリンに住む友人からメールがきたのですが 文末に 『ベルリン

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 (その3)

10月31日にフランクフルト空港からルフトハンザ機で出発。 今年は東

鳥が家の中に入ってきた! 好奇心旺盛のアオガラ

今月の中頃、Blaumeise(ブラウマイゼ)が度々くるようになったと

一滴の音 一滴の踊り ゆらゆら混ざる余韻(広島 LOG)

広島で友人(きくち まゆ ちゃん)が 出演するイベント告知です。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top