ずっと気になっていたランプ – Buchlese-Lampe

posted on : ヴィンテージ記録帳

約半年前から欲しいな… と思っていた『Buchlese-Lampe』

文字通りBuch (本)Lese (読む) Lampe (ランプ) なのですが、最初に見たのは元箱ナシで本体のみのブラック。電球の上にのっかってるキノコちゃんのようなランプシェードの色がハゲハゲ状態のもの。それでもけっこうなお値段だったので、アートデコやバウハウス系の商品だから高いのかな?とよくわからないまま特に探す事もせず。

buchlese01

すっかり忘れてた頃に、未使用のままの「元箱付き商品」を見つけたのでした。もちろん、半年前にみた使用感満点のモノよりもかな〜り安い!けれども、正直言って中古感満点だった商品のハゲ感は良い感じで、それはそれで雰囲気たっぷりのモノ。

私の場合は、使用感は自分との長い付き合いで自然につけていこうと考え、購入したのでした。

buchlese02

商品の色も当時の箱のパッケージ・デザインも様々あるのですが、他のタイプのものだと、本を開いて、このクリップ型ランプを本のページに挟んでいる使用例のような絵柄もありました。しかし、その使用方法だとページをめくる度にはずさないといけなくて面倒だと思うんですよね。他、紙に跡がつくのを防ぐためか、クリップの部分に強度はありません。

こういったランプ類をぜひ DILL objects で扱いたい!とは思うものの、さすがにランプは日本の電圧問題などの課題がけっこう多く、展開することは現状ではできません。ただ、ブログでは販売しない商品でも紹介していきたいなと思っています。

You might also like

クリスマス・プレゼント用のタッセル作り

蚤の市で見つけたヴィンテージのリペア用の毛糸。 赤や緑を選べば、クリスマス・プレゼントの装飾用

デンマーク DIGSMED DESIGN キャンドル

10月下旬あたりから蚤の市では少しづつクリマス・グッズ販売が増えはじめ、11月に入り本格的にシーズン

非売品の mono アイテム

先日、Peter Raacke 氏に取材に行ったことがあるという 友人から mono のレア・アイ

久々にお皿を購入

数年前に日本に帰国した際、実家におきっぱなしにしていた和食器類を持ってベルリンに戻った以降、食器を購

ヴィンテージ ネコグッズ

新しいカテゴリ『ネコ・グッズ』を作ろうと、商品を集めております。 一応、生産国は限定せず、とりあえ

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと

ロシアのそろばん にうっとり

私自身にコレクター癖はありません。ただ、数年前から見たら興奮して、つい購入してしまうモノあります。そ

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

愛着を持ち続けられる小物をデスクまわりに!

デスクまわりの小物にこだわりはありますか? 私の場合はパソコンに向かっている時間が長いので、デ

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top