印象的なセルフ ポートレート

posted on : ◎ デザイン / アート / 博物館

時々、波のように押し寄せてくる感情…『Facebook疲れ』
とはいっても私個人のであって、DILL objectsのファン・ページではございません。※ いつも見てくれてる方達、心から感謝です!

親しい友人たちが最初からFacebookをしてなかったり、既に離れぎみでポストしてない人達。最近、私自身も忙しい事もあり、このまま放置しようと思ってた矢先に…

来ました。私好みのポストが!今のところ、facebookから”完全に”サヨナラする事ができなさそうです。

以前、ベルリンに住んでいたカナダ人アーティストがカナダに完全帰国。
その方が、Umberto Boccioni(ウンベルト・ボッチョーニ)のセルフ ポートレートをfacebookにポストしていたのです。

boccioni

驚きました。… というのが、初めてみた写真のうえ、1907年とあったんですね。上画像を見てすぐ思い出したのがしたポーランドの画家、劇作家、小説家 etc…の ビトキェビッチ。Stanisław Ignacy Witkiewicz このセルフ ポートレートが1915–1917とあります。

witkiewicz

約10年後にビトキェビッチのセルフ ポートレート…
知らないだけで、この年代のアーティスト達が、同じよな鏡の前でセルフ ポートレートを撮ってる画像が、ま~だまだあるのかもしれませんね。私だけかもしれませんが、あぁ… 面白いっ!!!

ちなみに、Stanisław Ignacy Witkiewicz は去年に行った Berlinische GalerieVIENNA BERLIN のオープニングで絵を見て知ったのでした。

You might also like

久保舎己 (くぼ すてみ ) 版画集

ベルリンを拠点にアートコーディネーターとして活動されている河村恵理さんがコーディネートされた関係で知

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ

Tate Modern – Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) 展

Tate ModernにてGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)展を観に行きました!

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!

ペルガモン博物館

この夏に『ペルガモン博物館』に行った事を忘れていました… いつもで行けるや〜なんて思ってると行

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

HENRIK VIBSKOV (ヘンリック ヴィブスコフ)

Nordic Design Today – exhibition に行ってきました! 展示ワンフロ

フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。 ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽど

楽しめる ベルリン 北欧5カ国大使館

旧ブログから大半の記事をひっぱって、新ブログへの引っ越しを完了させたと思っていたのに、PLAY NO

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top