原爆投下から70年 映画 黒い雨

今日は広島原爆投下から70年になります。

ドイツ時間の昨晩深夜にネットから平和記念式典営の様子や画像を観ていたのですが、日本(広島)の現地時間が早朝の5時過ぎあたりだったので、いったん寝て再び起きた後にネットで平和記念式典の安倍首相あいさつ全文広島市長の「平和宣言」全文を読んだのでした。

映画 黒い雨

皆さん、今村昌平監督の作品、黒い雨 を観た事はありますか?

私は日本にいた頃、映画自体は大好きだったのですが、あまり日本映画を観る事がなく、実はベルリンに住むようになって興味を持ち始めました。

黒澤監督や鈴木清順監督の作品を観に、Arsenal(映画館)にはよく通いました。「黒い雨」はArsenalではないのですが、同じくベルリンに住んでいた頃に観ました。

YouTube で観れるのでシェアします。

私は18歳から2年間だけですが、大阪市に住んでいた時期があります。その頃、働いていたアルバイト先で、ある男性に、オマエは広島出身か?じゃぁオレに近寄るな!と言われた事があります。

なんやらがオレにうつるとか言ってましたが、何がうつると言い放ったのか、その部分は覚えていません。

私の母方が広島県福山市で父方は広島の山奥で市内から遠い場所に住んでいたため、家族・親戚共々 被爆者はいなかったのですが、それをこの男性に訴えれば、私自身が差別しているようで嫌だったので無言を貫きました。

この記憶、すっかり忘れていたのですが、黒い雨を観てる途中に思い出したのです。過去にも書きましたが、私は広島で生まれ育ったので、小学校から中学校まで平和教育をしっかりと授業や課外授業で学びました。

学習の中で子供ながらに感じたのは、原爆投下後の生存者は被爆の苦しみだけではなく

同じ日本人から差別の苦しみ

も味あわなければいけないのか…さらに残酷ではないか!と思った事。まさか時を経て、他府県で『広島出身』というだけで差別発言されるとは夢にも思っていませんでした。

映画に話をもどしますが、「黒い雨」の中で閑間重松が

人間いう奴は性懲りもないものじゃ。我が手で我が首を絞めよる。正義の戦争より、不正義の平和の方がましじゃいうことが、何で分らんかのう

と言うセリフがあります。

正義の戦争というのは非常に恐ろしく、原爆投下の正当性を信じているアメリカ人が非常に多いのも、彼等が言う「正義」で「結果として多くの命が救われた」だとか、「戦争を早く終結させるために必要だった」という意見です。

私は正義の無差別殺戮を信じません。
正義の戦争も信じません。
それが「正義」だとも思いません。

そして安全保障法案が強行可決された今、「自分の頭で考える」という事を放棄しないように生きていかないといけないと固く決意しました。

私は世界平和を願います。

※ 当ブログの[映画のあれこれ]カテゴリで使用している映画の画像はあくまでも情報提供のコンテンツとして利用させていただいています。

保存

保存

保存

You might also like

マノス ガーデンのオンラインショップがオープン!

過去、何度か紹介した事がある、広島西区の観音にある MANOS GARDEN 私は広島生まれ

小さな映画館 LUMIER で エクス・マキナ を観た!

日本の映画料金よりも安いので、ベルリンに住んでいた頃は映画館へよく行ってました。まず、10ユーロを超

毒親の連鎖 映画「8月の家族たち」

新作映画ではないのですが 今年のはじめに観た映画『8月の家族たち』の紹介です。 この映画に、

第65回ベルリン国際映画祭

1月の中旬あたりから、バス停や駅など、様々な場所に街中、張り出されていた『第65回ベルリン国際映画祭

ブーランジェリ・ドリアン 八丁堀店

念願だったブーランジェリ・ドリアンへ広島滞在中にやっと行ってきました。 田村夫妻と会ったのは、

映画『ビフォア ミッドナイト』

オーストリアで、映画『ビフォア ミッドナイト』を思い出す

今日は オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(3) の続きはつづきなのですが、前回、詳細は「次の記

江戸時代の宝くじ 宮島 大束入札 富くじ

今朝、父親と激しい口論している夢で目が覚めました。 ひと月で2回目!目覚めた後、気分はどんよりです

実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。

黒澤監督の「夢」の最終章「水車のある村」

蛍光灯の光がどうも苦手です。 私と同じように蛍光灯の光が嫌いな方、決して少なくないと思います。

映画 her / 世界でひとつの彼女

映画 her / 世界でひとつの彼女 を観た母の感想

『全然面白くなかつた』『金返せだつた』 これは、母の短いメールでスパイク・ジョーンズ監督・脚本によ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top