ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

posted on : ビション フリーゼ

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。
さわやかな天候が続いているのですが、私の心はどんより続き。

なかなか、パっと気持ちの切り替えが出来ないでいます。

タイトル通り、子犬の足に重い障害が見つかったとブリーダーさんより電話がかかってきました。「お渡しする事は原則、できません」との事。

足1本が、他の足より小さく、普通に歩く事が出来ないようで、獣医のところでレントゲンを撮り、みてもらったところ、骨自体に問題があり、「今後、治ることはない」と言われたのだそうです。(※ 歩き方がおかしいのではなく、歩けない状態)

こういう事って珍しくない事なのかもしれませんが、ブリーダーさん(女性)に対して、無性に腹立たしいと思ったのが、以前から確実におかしいと気付いていたはず。なのに連絡を放置されてた事。

契約の際、引き取りは6月末か7月上旬と先方から言われ、その都度 引き取り日を決めたいと電話しても電話にでず、連絡用に指定してきたWhatsAppアプリをわざわざスマホに入れたのに、そこからmsgを送信しても既読スルーの連続。

ちなみに先月の下旬、訪問前日に先方からのドタキャン。

様子がおかしいと気付いた時点で、正直に話してくれた方が、お互い信頼関係が築けたと思うのです。

例えば、ブリーダーさんの方から足の様子がおかしいので1ヶ月間、経過を確認したいと言われていれば、すんなり承諾できます。世の中、何にしても完璧なんてありませんから。

なのに、やっと8月に入って連絡しがきた!と思ったら
このニュース。

最もブリーダーさんに対して失望したのが、他の雌犬(同じくビション フリーゼ)が妊娠中なので、その子犬を安くしますので、どうですか?と言われた事。

安くって言うけれど、”モノ” じゃないんだよ!(怒)安くなんてする必要はないから、きちんと連絡して欲しいし、電話の折り返しナシもやめて欲しい。見学ドタキャンもやめて欲しい。ただ、それだけ。

契約の時には、WhatsAppアプリを入れてくれたら、メッセージと写真をマメに送るから!と言ってたのに、支払後は子犬の画像送信、こちらから催促して、たったの一度、一枚のみ。

という事で新しい子犬はお断りしました。あまりにも連絡が取れない人なので、もう信用できません。これから返金手続きの話しをして、その後は他のブリーダーさん探す予定です。

最後に、彼女は決して悪徳ブリーダーではありません。
お金もきちんと戻ってきます。

ただ、あまりにも連絡が取れない人。
残念でした。縁がなかったのだと思います。

足に重い障害が見つかった子犬はブリーダーさんが育てるそうです。母犬、母犬の姉妹犬がいる中で育つので安心です。

You might also like

ビション フリーゼ 母犬の写真

先日、ビション フリーゼのブリーダーさんより、WhatsApp(ワッツアップ)で母犬の写真が

ドイツで人気の犬って何?ビションフリーゼ希望

私はここ数日間、頭の中は ビション フリーゼ でいっぱいです。 引っ越し後、落ち着いたら犬を飼

ビション フリーゼのブリーダーさんに会いに…

ビションフリーゼを飼いたい〜!と数年ほど夢を見続けていました。 当初、ゲッティンゲンで犬を飼う

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の同僚から、強制的に借りさせられ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

新年の目標設定を変えてみた

年始に「今年の目標」を設定する方、多いのではないでしょうか。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお

東大寺「華厳の教え」から2017年を振り返る

通常、京都や奈良は修学旅行で行った方が多いと思うのですが、私の場合、小

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Translate »
Back to top