睡魔が襲う人気のBar

posted on : ◎ カフェ / レストラン

どこかしら、アットホームな雰囲気のバー。

bar01

人気のバーに行くと、多くの店内が黄色がかったオレンジの照明でかなり暗く、各テーブルに置かれたキャンドルの光がゆ〜らゆら。

私は頻繁に行くわけではないのですが、ディナーの後に軽く一杯!という場合は、カフェよりバーに行くことも少なくありません。(日本よりかなり安価です!)

bar02

しかし1点問題があります。きまって眠たくなり、睡魔が襲ってくるのです…
私自身、お酒に強いとは思わないのですが、弱くはないと思います。雰囲気が原因なのでしょうか?眠たくなって仕方ないのです。

上の画像はプレンツラウアーベルグの水道塔 (Wasserturm) 近くにあるバーなのですが、実は先日、とうとう爆睡してしまいました。

音楽がガンガンにロックだと起きれてたと思うのですが、ここはエレクトロニカ・サウンドで心地よかったんです。結果的に深い眠りについてしまいました。

bar03

一緒に行ったメンバーにお会計の時に起こされ、言われた言葉は
“東京の地下鉄内で爆睡しているサラリーマンを思い出した。”

恥ずかしいですね。バーに行くのは当分やめておこうと思います。

You might also like

ヴィースバーデンのカフェ 観葉植物だらけ!Café Klatsch

インターネットの無線LANトラブルで、かなり長い間 ネットが使えなかったのですが、その間、近所にあ

ワイマール 最古のカフェ Residenz Cafe & Restaurant

ヴァイマー ( ワイマール ) 最古のカフェ レストラン

10月に入り、終日グレーの雲が空を覆うようになり 冬の到来をひしひしと感じております。 再び

エディンバラ カフェ Thomas J Walls coffee

本日も エディンバラ シリーズ の続きですが 連続でエディンバラのおすすめカフェの紹介です!

ベルリン CHAPTER ONE coffee

ベルリン CHAPTER ONE coffee

何やら可愛らしいイラスト+黄色の外壁に、店の外に出されている黒板の手書きのコーヒーサイフォン等に惹か

BULLYSBAKERY – ノイケルン

ノイケルンにあるカフェ BULLYS BAKERY こちらも比較的、新しいカフェです。 今回

小さなお皿でお腹いっぱいになる!Seerose

友人にベジタリアン レストランに連れてってもらいました! このお店の前を何度か通ったことはあるので

パリ CINQ MARS

(2) パリ CINQ MARS でディナー

パリ滞在中は欲しいものだらけでしたが、買い物は殆どなし。折角なので美味しいものを食べて、飲みたいと思

黒いマカロンの正体は?

毎回『黒いマカロン』を求め DU BONHEUR に行けば、Lakritze macaron (ラク

ロザンゼルス ベトナム レストラン Blossom と Mohawk General Store

長く、休みやすみ書いているので間があいてしまいましたが 「 旅 – America 」の続きです。

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した、ヴィラ クレメンティーネ。


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィースバーデン 秋の風景

ヴィースバーデン すっかり秋模様になりました。 2週間前あたり

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その2)

来月、11月3日(金)の文化の日に広島市、安佐北区深川にある 明光寺

クロアチア 虫除けスプレー効果なし。意外なモノで対応?!

青空が広がる快晴の日々。 素晴らしい景色が広がるショルタ島。

クロアチア ショルタ島のバス時間には気をつけて…

先月、夏休みを クロアチア ショルタ島で 過ごしたクロアチア シリー

ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top