2泊3日の小旅行 – 誕生日会 (4)

posted on : ○ 旅 - ドイツ

2泊3日の小旅行 – ケルン土産 (3)の続きとなります!

ケルン旅行の1番の目的が「誕生日会」への参加。BARを貸し切ってでのバースデー・パーティーとは聞いていたのですが、行ってビックリ!

建物の中ではなく、外にビュッフェ形式で並べられている数々の料理とケーキ、スナック類とドリンク!暗かっため、料理等の写真は撮れなかったのですが、けっこう豪華でした。

bd01

最終的には軽く60名は超えてたと思います。

このような大きなバースデー・パーティーを開くのって、よくある事?と質問してみました。いわゆる大学時代はあたりまえにようにあったけど、最近は少なくなってきてるのでは?もちろん、人それぞれだとは思うけどね、とのこと。

いまだに、ドイツの
〜 ☆ 何歳になっても誕生日は大切な行事 ☆〜
というのが、理解できない…というか、慣れないでいます。

子供の時だったらスゴク嬉しいと思うのですが、個人的には招く時も、招かれる時も大勢でのパーティー形式より、少人数が好みですね。

ただ、普段の生活で初対面の人と多く会って話す機会はないので、鍛えられます!私自身、人見知りするほうなのか?(あまりしない方だと思います…) 自分では、よくわからないのですが、とにかく楽しいケルン滞在でした!

You might also like

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS(1)

先月末、念願だった K21 STÄNDEHAUS へやっと行ってきました! デュッセルドルフは

初めてのHannorver(ハノーファー)と蚤の市

先週末、初めてHannorver(ハノーファー)に行ってきました。 ゲッティンゲンと同じくニー

ゲーテ ガルテン ハウス

Goethes Gartenhaus ( ゲーテ ガルテンハウス )

広大なイルム公園ですが、散歩しているとすぐ、ゲーテ ガルテンハウス ( ガーデンハウス ) を発見で

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

コブレンツ Festung Ehrenbreitstein

もう9月です。時が過ぎるのが早い... ヴァイマー旅行の続きは、まだあるのですが今日はひと休み

ベルリン → ゲッティンゲン

クリスマス・イブ 前にベルリンを離れ、ドイツ国内旅行をしております。 ベルリン → ゲッティンゲン

2泊3日の小旅行 – ケルン土産 (3)

2泊3日の小旅行 - ケルン大聖堂 (2) の続きとなります! 日本に住む友人達へのお土産は、

ヴァイマー ( ワイマール ) カフェ

ワイマール KORIAT Kuchenmanufaktur

ヴァイマー ( ワイマール ) は観光地だけあって、中心地は多くのカフェがあるのですが、旅行者が少な

ニュルンベルク名物 レープクーヘン

ゲッティンゲン(1泊2日)から ニュルンベルグへ。 こちらはクリスマス・マーケット&ニュルンベ

初めてのヴァイマー(ヴァイマル)小旅行中!

昨日、ゲッティンゲンからWeimar(ヴァイマル)に移動して 小旅行中です! ゲッテインゲン

2泊3日の小旅行 – ケルン大聖堂 (1)

初めてケルンに行ってきました! 2泊3日の小旅行で最終日はデュッセルドルフ2時間弱の滞在でベルリン


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ヴィンテージの灰皿スタンドを観葉植物スタンドに

家に喫煙者はいませんが、ドイツ製 50年代の 「ヴィンテージ 灰皿ス

メイソンジャー入りのシュナップス O’Donnell Moonshine

ヴィースバーデン ストリート フード イベント の続きです!

お寺マルシェ 明光寺 vol.2 お知らせ(その1)

再来月、11月3日(金)の文化の日に 広島市、安佐北区深川に

クロアチア スプリット ショルタ島の猫

噂で聞いてた通り、ショルタ島はネコが多かったのですが 飼い猫ではなく

ヴィースバーデン ストリート フード イベント

鮮明に覚えているのですが、8月末日にガツンと寒さを感じ 秋の到来をひ

  • DILL objects profile

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top