ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)
につづいて、バウハウス大学も行ってきました。

行く当日に知ったのですが、夫と義弟が事前にツアーを申し込みしていたのです。金額は7ユーロ(学生は割引あり)

支払いは最初ではなく、ツアーが終了してからでした。

ワイマール バウハウス大学 見学

集合場所は Bauhaus.Atelier(バウハウス アトリエ)の前辺り。

ちなみにガイドさんは上画像左の女性だったのですが
私は最初、ガイドさんだと気付かず…

18歳前後にしか見えないので
てっきり参加者の1人だと思ってました。

ワイマール バウハウス大学 オスカー・シュレンマー 壁画

参加者が揃ったところで、最初に案内された建物の一番上の階がコチラ
Oskar Schlemmer(オスカー シュレンマー)の壁画。

オリジナルではありません!

彼の作品はナチスによって「退廃芸術」認定されたため、オリジナルの壁画は塗りつぶされたそうです。こちらは復元されたもの。

バウハウス大学は自由に出入りできますが、ツアー参加をせずに入館した場合、私はこのシュレンマーの壁画の場所を、自分では見つけられなかったのでは?と思いました。

ツアー参加しない場合は受付、もしくは学生さんにOskar Schlemmerの場所を聞いた方が確実だと思います。

ワイマール バウハウス大学 “Eva” オーギュスト・ロダン

上画像、螺旋階段の中央ですが
ブロンズ像の垂れ幕がかかっていますよね。
そしてナゼだか台座に植木鉢。

こちら、不審者(男性)が壊したため、元あった像は修理中で不在。
修理が完了するまで、垂れ幕で対応中その事。

犯人がみつかったかどうか不明ですが、旅行で行かれる予定がある方は、その時までに修理が完了していれば良いですね。

垂れ幕+植木鉢は… なんとも淋しいです。

ちなみにブロンズ像 “Eva” はオーギュスト・ロダンによるもので、1912年から大学の玄関ホールにあるのだそうです。

バウハウス大学 ブロンズ像

Googleのimg検索画像より

左側が元のブロンズ像。
右側が発見当初の写真でしょうか?
ブロンズ像が左後方に転がっています。

ワイマール バウハウス大学 Henry van de Velde(アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ)

落雷や地震等の天災で惜しくも…というのであれば、まだ諦めつくものの、貴重な美術品、歴史的建築物が不審者によって放火されたり、内戦(戦争)でぶっ壊されたりする事件を聞く度にやるせなく、非常に残念でたまらんわぁ!!

などなど思いながら、螺旋階段をのぼり
ふと下を見たら…

楕円のカーブが美しいことに気付きました。

ワイマール バウハウス大学 Henry van de Velde(アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ)

ベルギーの建築家Henry van de Velde(アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ
による螺旋階段は、見る位置によって様々な顔(美)があるので、あちこち移動しては遠目で眺めてみました。

また、この日は曇で小雨が降ったりやんだりの天気。
縦長の窓が狭い間隔で配置されているせいか、自然光が大きく入っており、館内の暗さをあまり感じませんでした。

バウハウス大学 Herbert Bayer(ヘルベルト バイヤー)

階段をのぼりながら、Herbert Bayer(ヘルベルト バイヤー)
によるグラフィックの作品、“Dreieck” をみて

ワイマール バウハウス大学

更に上の階で同じくHerbert Bayerによる
“Quadrat”(画像:左)と“Kreis”(画像:右)

バウハウス大学 ヴァルター グロピウス

そして、最後の案内された場所は Walter Gropius(ヴァルター・グロピウス)の 5m×5m×5mのキュービック型の部屋。

バウハウス大学 グロピウスの部屋

この部屋はロープが張られ、私達は入ることは出来ません。ガイドさんのみが中に入って説明をしていたのですが、ロープ手前の狭い空間はツアー参加者以外の人もいたのでギュウギュウ状態!

私もですが、参加者の多くがカメラやスマホで写真を撮っているので、身動きしづらく大変でした。

グロピウスの部屋 バウハウス大学

家具類ですが、無造作におかれてるように見えますか?

これらの位置はグロピウスが厳密に計算し、配置場所を決めたとガイドさんは言ってました。

それにしても、5mもある天井というのは素晴らしいですね。
部屋が特に広くなくても、狭さ、窮屈さを一切、かんじさせません。

ヴァイマー ( ワイマール ) 旅行を予定されている方
ぜひぜひ、バウハウス大学も見学してみてください。

リストハウスから近く、また中心地からも遠くないです!

Bauhaus.Atelier
http://btd-weimar.de/btd/bauhaus-atelier-2/

Bauhaus University, Weimar
https://www.uni-weimar.de/en/university/start/

Bauhaus University, Weimar

You might also like

アンナ アマリア Wittumspalais

ヴァイマー ( ワイマール ) アンナ アマリア Wittumspalais

ヴァイマー(ワイマール)旅行の続きです。 朝、早起きする事が出来ず、2度もチケット入手に失敗!

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

ニュルンベルク名物 レープクーヘン

ゲッティンゲン(1泊2日)から ニュルンベルグへ。 こちらはクリスマス・マーケット&ニュルンベ

フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。 ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽど

ワイワイマール リストの家

ヴァイマー (ワイマール) の旅 〜 リストの家 〜

バウハウス大学(Bauhaus University, Weimar) の近くにある『リストハウス

NOA ESHKOL ダイナミックなウォール カーペット

Dance composer であり、テキスタイルアーティストのNOA ESHKOL(ノア・エシュコ

ワイマール Haus am Horn

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)

旅行前からバウハウス大学はしっかり頭に入れていたのですが、義弟(Weimar在住)に、 Haus a

ベルリン → ゲッティンゲン

クリスマス・イブ 前にベルリンを離れ、ドイツ国内旅行をしております。 ベルリン → ゲッティンゲン

ゲーテ ガルテン ハウス

Goethes Gartenhaus ( ゲーテ ガルテンハウス )

広大なイルム公園ですが、散歩しているとすぐ、ゲーテ ガルテンハウス ( ガーデンハウス ) を発見で

オーストリアのアーティストErwin Wurm

Berlinische GalerieでERWIN WURM展

6月中旬に2泊3日ほどベルリン滞在したのですが、Berlinische Galerieで 今年の4


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top