ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン)
につづいて、バウハウス大学も行ってきました。

行く当日に知ったのですが、夫と義弟が事前にツアーを申し込みしていたのです。金額は7ユーロ(学生は割引あり)

支払いは最初ではなく、ツアーが終了してからでした。

ワイマール バウハウス大学 見学

集合場所は Bauhaus.Atelier(バウハウス アトリエ)の前辺り。

ちなみにガイドさんは上画像左の女性だったのですが
私は最初、ガイドさんだと気付かず…

18歳前後にしか見えないので
てっきり参加者の1人だと思ってました。

ワイマール バウハウス大学 オスカー・シュレンマー 壁画

参加者が揃ったところで、最初に案内された建物の一番上の階がコチラ
Oskar Schlemmer(オスカー シュレンマー)の壁画。

オリジナルではありません!

彼の作品はナチスによって「退廃芸術」認定されたため、オリジナルの壁画は塗りつぶされたそうです。こちらは復元されたもの。

バウハウス大学は自由に出入りできますが、ツアー参加をせずに入館した場合、私はこのシュレンマーの壁画の場所を、自分では見つけられなかったのでは?と思いました。

ツアー参加しない場合は受付、もしくは学生さんにOskar Schlemmerの場所を聞いた方が確実だと思います。

ワイマール バウハウス大学 “Eva” オーギュスト・ロダン

上画像、螺旋階段の中央ですが
ブロンズ像の垂れ幕がかかっていますよね。
そしてナゼだか台座に植木鉢。

こちら、不審者(男性)が壊したため、元あった像は修理中で不在。
修理が完了するまで、垂れ幕で対応中その事。

犯人がみつかったかどうか不明ですが、旅行で行かれる予定がある方は、その時までに修理が完了していれば良いですね。

垂れ幕+植木鉢は… なんとも淋しいです。

ちなみにブロンズ像 “Eva” はオーギュスト・ロダンによるもので、1912年から大学の玄関ホールにあるのだそうです。

バウハウス大学 ブロンズ像

Googleのimg検索画像より

左側が元のブロンズ像。
右側が発見当初の写真でしょうか?
ブロンズ像が左後方に転がっています。

ワイマール バウハウス大学 Henry van de Velde(アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ)

落雷や地震等の天災で惜しくも…というのであれば、まだ諦めつくものの、貴重な美術品、歴史的建築物が不審者によって放火されたり、内戦(戦争)でぶっ壊されたりする事件を聞く度にやるせなく、非常に残念でたまらんわぁ!!

などなど思いながら、螺旋階段をのぼり
ふと下を見たら…

楕円のカーブが美しいことに気付きました。

ワイマール バウハウス大学 Henry van de Velde(アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ)

ベルギーの建築家Henry van de Velde(アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ
による螺旋階段は、見る位置によって様々な顔(美)があるので、あちこち移動しては遠目で眺めてみました。

また、この日は曇で小雨が降ったりやんだりの天気。
縦長の窓が狭い間隔で配置されているせいか、自然光が大きく入っており、館内の暗さをあまり感じませんでした。

バウハウス大学 Herbert Bayer(ヘルベルト バイヤー)

階段をのぼりながら、Herbert Bayer(ヘルベルト バイヤー)
によるグラフィックの作品、“Dreieck” をみて

ワイマール バウハウス大学

更に上の階で同じくHerbert Bayerによる
“Quadrat”(画像:左)と“Kreis”(画像:右)

バウハウス大学 ヴァルター グロピウス

そして、最後の案内された場所は Walter Gropius(ヴァルター・グロピウス)の 5m×5m×5mのキュービック型の部屋。

バウハウス大学 グロピウスの部屋

この部屋はロープが張られ、私達は入ることは出来ません。ガイドさんのみが中に入って説明をしていたのですが、ロープ手前の狭い空間はツアー参加者以外の人もいたのでギュウギュウ状態!

私もですが、参加者の多くがカメラやスマホで写真を撮っているので、身動きしづらく大変でした。

グロピウスの部屋 バウハウス大学

家具類ですが、無造作におかれてるように見えますか?

これらの位置はグロピウスが厳密に計算し、配置場所を決めたとガイドさんは言ってました。

それにしても、5mもある天井というのは素晴らしいですね。
部屋が特に広くなくても、狭さ、窮屈さを一切、かんじさせません。

ヴァイマー ( ワイマール ) 旅行を予定されている方
ぜひぜひ、バウハウス大学も見学してみてください。

リストハウスから近く、また中心地からも遠くないです!

Bauhaus.Atelier
http://btd-weimar.de/btd/bauhaus-atelier-2/

Bauhaus University, Weimar
https://www.uni-weimar.de/en/university/start/

Bauhaus University, Weimar

You might also like

オーストリアのアーティストErwin Wurm

Berlinische GalerieでERWIN WURM展

6月中旬に2泊3日ほどベルリン滞在したのですが、Berlinische Galerieで 今年の4

初めてのヴァイマー(ヴァイマル)小旅行中!

昨日、ゲッティンゲンからWeimar(ヴァイマル)に移動して 小旅行中です! ゲッテインゲン

Weimar - ゲーテハウス

ヴァイマー (ワイマール) の旅 〜 ゲーテの家 〜

延泊までした Weimar 旅行 の続きです。 Goethes Wohnhaus に行ってきました

アンナ アマリア Wittumspalais

ヴァイマー ( ワイマール ) アンナ アマリア Wittumspalais

ヴァイマー(ワイマール)旅行の続きです。 朝、早起きする事が出来ず、2度もチケット入手に失敗!

フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。 ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽど

ライプツィヒ 日帰り旅行 (2) グラッシィ工芸美術館

日帰り旅行でのメインとなる場所「グラッシィ工芸美術館」に行ってきました。 MUSEUM IM

艾未未(アイ・ウェイウェイ)が釈放!

今年の4月3日に中国当局による不当逮捕で長期拘束されていた芸術家で人権活動家もある艾未未(アイ・ウェ

ヴァイマル旅行

楽しすぎて延泊!ワイマール(ヴァイマー) 旅行

7月下旬に行ったヴァイマー(ヴァイマル)。 当初、3泊4日の予定だったのですが、あまりにも楽しくて

Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

ノリオ君の first solo show のオープニングに GALERIE ALBRECHT へ

レイモンド ペティボン / CFA ベルリン

レイモンド ペティボン (Raymond Pettibon) の FANZINES を語るトーク・イ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top