アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

posted on : ○ 旅- ベルギー

アントワープ旅行 のつづきです。

BRUSSEL-NOORD(ブリュッセル北駅)を出て
目的地のアントワープにやっと到着しました!

電車を下車した瞬間から、美しい空間が目の前に広がっていて
かなり驚いてしまいました。

想像していた以上の光景です。

少し歩いては、何度も立ち止まって、ぼ〜っと立ち尽くして
しまう程の『美』空間。

また、ここは大聖堂ですか? と錯覚を起こすレベルの天井の高さで
見上げると、遥か遠くに天井が….

今まで、駅構内で感動した事はなかったので、アントワープ中央駅が
人生で初です。

他、メインのフロア自体は、広大というわけではないのにも
関わらず、人が多くても圧迫感ゼロ!

まさに “天井の高さ効果” だと思います。

私が撮影したこれらの写真では、実際の “美しさ” を
表現しきれてないのが残念です…

ブリュッセルに行かれる予定のある方は、アントワープまで電車で
約40分。そう遠くないのでぜひ、足をのばして行ってみてください!

こちらは一旦外に出て、入り口の外観を撮影した写真です。
淡いトーンの大理石のグラデーョンが、これまた美しい。

アントワープ中央駅の外観も同様に美しいのですが
駅構内の空間の方が圧巻です。

アントワープ中央駅構内にあるカフェ Le Royal Cafe

アントワープ中央駅構内には、Le Royal Café という
これまた美しすぎるカフェがあります。

同駅の地上階に、スターバックスもありますが、世界中どこにでもある
スターバックスではなく、Le Royal Café(ロイヤルカフェ)に行かれては
いかがでしょうか。

『美しい』という言葉を何度も書いてしまいましたが
世界一美しい駅 と言われるだけあり、『美』を堪能できた
博物館級、大聖堂級 のアントワープ中央駅でした。

アントワープの旅内容、まだ続きます!

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

You might also like

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstanz(コンスタンツ)に行くか、ベ

アントワープ旅行 ⑦ アントワープの蚤の市

かなり以前に「アントワープの蚤の市はいいよ〜!」と 聞いた事はあったのですが、今回  "初" のア

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aachen(アーヘン)に向かった後

アントワープ旅行 ⑤ 旅先で出会う猫 アントワープの猫

旅先で猫を見かけると、ついつい近寄って触ったり 写真を撮ったりしてしまうのですが、今回も...

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って 19日、月曜日の夜に戻ってきま

アントワープ旅行 ④ MoMu マルジェラ ザ エルメス イヤーズ

アントワープに行くのであれば、ココへは絶対に... と心に強く決めていた場所、モード美術館。

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、リーズナブル プライス だった

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top