収納したままではなく普段にも使う!

posted on : ヴィンテージ記録帳

日本で生活していた頃から大量生産系の雑貨や家具に興味は
なかったものの、ドイツに住むまでヴィンテージとアンティークに
違いがある事を知らず、特に深く考えたこともありませんでした。

100年以上、経っているものをアンティークとよぶのですが、モノ自体に価値があるかないのかまで評価が加わってしまうと基準が難しいですよね。

アンティークのシルバースプーン

10年前、初めて日本から行ったドイツ(ミュンヘン)ではヴィンテージ専門の
家具屋でランプを購入したり、20代の頃に行っていたロンドン、パリでは
ヴィンテージやアンティーク店めぐりをしていました。

現在も、好みは大きく変化していません。

また、小物や家具類だけではなく洋服も数年で捨てられることを
前提としたような、デザインや素材のものに魅力を感じることは
ないです。

アンティークのシルバースプーン

ゲッティンゲンでの生活は約1年9ヶ月だったのですが、この間
義母が1度遊びにきてくれた事がありました。

この時、私が使っている食器類を見て、うちに沢山あるから
次回あげるから!と言われ、ワクワクしたのを覚えています。

アンテークのリキュールグラス

その後、イースターに義母の家を訪ねた際、きちんと覚えていて
くれていたようで、イエナグラス、WMFなど主にヴィンテージの
キッチン用品を譲り受けたのですが、その中にはアンティークも
あったのです!

彼女の中でヴィンテージとアンティークは別扱い。

アンテークのリキュールグラス

アンティークものはアンティークの食器棚から出し、それ以外の
ヴィンテージものは60年代前後のサイドボードから出してきたのには
驚きました。私はというと、同じ場所に保管しております…

アンティークのものはシルバースプーンとリキュールグラス。
共に1800年代、後半のもので大事に持ち続けて欲しいととお願い
されたのでした。

私の母も同じなのですが、サイドボードに飾っている食器類は
一切普段に使わず、来客が来た時のみ。

しかし、ものによっては使われているのを見た事が1度もないもの
もあるので、逆に勿体無いのでは?と私は思うのです。

価値観の違いなので、どちらが正しいということはありません。

頻繁に使う方が破損させてしまう確率も上がり勿体無い!と主張す
る意見も理解はできるのですが、私は自分たちにも使いたいな…と
思っています。もちろん、大事に大事に使います。

You might also like

イギリスの最高傑作 POOLE Pottery を使う

久々に更新するカテゴリ「ヴィンテージ記録帳」ですが、ドイツヴィンテージではなくイギリスの最高傑作 P

Peter Raacke(ペーター・ラーケ)mono『Probierbesteck』

前回の商品情報カテゴリで取り上げた『mono-RING』Peter Raacke(ペーター・ラーケ)

『mono-RING』Peter Raacke デザインとの出会い

mono社 のヴィンテージ・カトラリである『mono-RING』をDILL objectsで販売する

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ランプ。内容は分解後の続きです。

ヴィンテージ メリタ トカゲの小皿

去年、ベルリンに住む友人から、すごくお気に入りの『トカゲ』柄のメリタの小皿を誤って割ってしまったと.

紙で残したい用のアルバム

非常にコンディションの良い60年代のアルバムを見つけました! こちらは未使用のまま長期

大好評だった ヴィンテージ メリタ の小皿

実は、販売するにあたって心配していたヴィンテージ メリタの動物・昆虫シリーズ。 陶器製コーヒー

50年代 ドイツの路面電車 ポストカード

鉄道ファン(鉄子)電車ファンではないのですが、路面電車が走っているベルリンの風景が大好きです。私にと

久々にお皿を購入

数年前に日本に帰国した際、実家におきっぱなしにしていた和食器類を持ってベルリンに戻った以降、食器を購

(旧) 東ドイツ製 GDR イエナグラスのビーカーとフラスコ

初めて(旧) 東ドイツ製 GDR イエナグラスのビーカーとフラスコを『実物』でみた場所、それは Ka


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top