蔦屋書店 – Anjin アンジンで「暮しの手帖」を読む

カテゴリの「旅 – Japan」にこの「代官山 蔦屋書店」の記事を入れるのは、少々気がひけたのですが、ベルリンから日本へ行き、再びベルリンに戻ったという事で「旅」カテゴリに入れさせて頂きます。

daikanyama01

蔦屋書店に行った日が土曜日という事だったこともあり、店内は「人・人・人」

ブログ用に店頭画像を撮影したくても人が沢山通るため、シャッターチャンスが難しく、やっと見計らってパチリ。この画像だけ見ると閑散としているように見えてしまいますが、実際は店内も外も人で賑わっていました。

久々に会う友人とお茶した場所はこの蔦屋書店2Fにある Anjin アンジン。1Fにあったスターバックスでも良かったのですが、折角だからということで豪華な雰囲気満点のAnjinに決めたのでした。制服を着た店員さんが持ってきたメニューはiPad そして画像をタップしてドリンクを見たら、コーヒーが1杯900円〜950円とあります。

正直、かなり驚いてしまいました。

結局のところ、ここで飲んだり食べたりしたお客のみが店内にある数々の雑誌のバックナンバーを読むことができるので、何か調べるとか、貴重な過去の雑誌を読みたい等、目的意識を持って利用するのにはいいと思ったのですが、カフェもバーもベルリン価格に馴染んでいる私にとっては非常に厳しいお値段でした。

daikanyama02

友人と、コーヒーを完全に飲み終える前に気になった雑誌を少しでも見ようよ!という事になり、私は迷わず「暮しの手帖」のコーナーへ。60〜70年代の表紙デザインが気になったのでまずは表紙だけをチェック。その後は中をパラパラめくったのですが、そこでドキッ!とした文章を発見したのでした。

daikanyama03

「売るためには、もうけるためには、なにをしてもいいんだという考え方」

たとえ、人の命がうばわれ、前途を歪められようと、それは仕方ない、という考え方が、ぼくらの心の底のどこかに、いまでもこびりついているのではないだろうか。

私は、この箇所に日本の いろいろな問題 が脳裏に浮かんだのでした。

「仕方ない」という言葉は本当に不思議なことばですよね。都合良く使える言葉でもあり、使用するケースによっては、最初から諦めてる時に使う時も多々あります。

「暮しの手帖」のバックナンバーを読めたのには大変満足で、お店を出た頃には、すがすがしい気持ちになりました。

[amazonjs asin=”4766001699″ locale=”JP” title=”暮らしを美しくするコツ509″]

You might also like

イタリアン カフェ salumeria lamuri

友人とKöpenicker Straßeを歩いていた時に、ひときわ目立っていたお店を発見! zapf

ピエロギを食べに pierogarnia へ

本当は先週、スティーヴ・マックィーン監督最新作、映画『12 Years a Slave』 (邦題:

ベルリン Cafe Einstein Stammhaus

ベルリンに旅行に来られた方は、ガイド本にも紹介されていて有名なので、既に行かれたり、ご存知の方も多い

ベルリンでコーヒー カッピングを体験

先週の木曜日から週末にかけてベルリンに滞在してきました。 今年の3月にベルリンからゲッティンゲ

ワイマール 最古のカフェ Residenz Cafe & Restaurant

ヴァイマー ( ワイマール ) 最古のカフェ レストラン

10月に入り、終日グレーの雲が空を覆うようになり 冬の到来をひしひしと感じております。 再び

東京のホテル料金が高騰!知らなかった…

今回の一時帰国で、初めて東京のホテル料金が高騰している事を知りました。 義弟(3人兄弟の真ん中

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、なくなっていました。 ヴ

コンディトライ DU BONHEUR

前から気になっていたものの、外から見る店内の雰囲気(インテリアが...)に心が動かされず、行かずじま

大阪 十三 mt.cafe(マウントカフェ)

15年ぶりに、大阪に行ってきました。 広島から新幹線で約1時間半です。 私は、明光寺の "お

Bio カフェ Melusine

Neukölln(ノイケルン)にある、Bio Cafe' Melusine Schönleinst


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
インドのアイス「クルフィ」いろいろ

私が生まれて初めて「クルフィ」アイスを口にした場所がインド、、、 で

ヴィースバーデン ゾンネンベルク城塞(Burg Sonnenberg)

日本を離れて以降、こちらの生活で一切使うことがない元号表記ですが、新元

下車した後は聖エリーザベト教会へ!ネロベルク鉄道(3)

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2) の続きとなりま

長期間ブログを放置…

年末年始のきちんとした挨拶もないまま、長期間ブログを放置していました。

やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on tumblr

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top