蔦屋書店 – Anjin アンジンで「暮しの手帖」を読む

カテゴリの「旅 – Japan」にこの「代官山 蔦屋書店」の記事を入れるのは、少々気がひけたのですが、ベルリンから日本へ行き、再びベルリンに戻ったという事で「旅」カテゴリに入れさせて頂きます。

daikanyama01

蔦屋書店に行った日が土曜日という事だったこともあり、店内は「人・人・人」

ブログ用に店頭画像を撮影したくても人が沢山通るため、シャッターチャンスが難しく、やっと見計らってパチリ。この画像だけ見ると閑散としているように見えてしまいますが、実際は店内も外も人で賑わっていました。

久々に会う友人とお茶した場所はこの蔦屋書店2Fにある Anjin アンジン。1Fにあったスターバックスでも良かったのですが、折角だからということで豪華な雰囲気満点のAnjinに決めたのでした。制服を着た店員さんが持ってきたメニューはiPad そして画像をタップしてドリンクを見たら、コーヒーが1杯900円〜950円とあります。

正直、かなり驚いてしまいました。

結局のところ、ここで飲んだり食べたりしたお客のみが店内にある数々の雑誌のバックナンバーを読むことができるので、何か調べるとか、貴重な過去の雑誌を読みたい等、目的意識を持って利用するのにはいいと思ったのですが、カフェもバーもベルリン価格に馴染んでいる私にとっては非常に厳しいお値段でした。

daikanyama02

友人と、コーヒーを完全に飲み終える前に気になった雑誌を少しでも見ようよ!という事になり、私は迷わず「暮しの手帖」のコーナーへ。60〜70年代の表紙デザインが気になったのでまずは表紙だけをチェック。その後は中をパラパラめくったのですが、そこでドキッ!とした文章を発見したのでした。

daikanyama03

「売るためには、もうけるためには、なにをしてもいいんだという考え方」

たとえ、人の命がうばわれ、前途を歪められようと、それは仕方ない、という考え方が、ぼくらの心の底のどこかに、いまでもこびりついているのではないだろうか。

私は、この箇所に日本の いろいろな問題 が脳裏に浮かんだのでした。

「仕方ない」という言葉は本当に不思議なことばですよね。都合良く使える言葉でもあり、使用するケースによっては、最初から諦めてる時に使う時も多々あります。

「暮しの手帖」のバックナンバーを読めたのには大変満足で、お店を出た頃には、すがすがしい気持ちになりました。

You might also like

エディンバラ カフェ Thomas J Walls coffee

本日も エディンバラ シリーズ の続きですが 連続でエディンバラのおすすめカフェの紹介です!

ベルリン Prinzessinnengarten に日本のお野菜が!

ベルリンでケータリングをしている okawari のTomokoちゃんが、日本のお野菜を"無農薬"で

ヴィースバーデン おすすめのカフェ / Cafe Paris

今年の1月、ヴィースバーデンで家探しをしていた時期です。 歩いている最中に、ぼんやりと黄色の照

大阪 十三 mt.cafe(マウントカフェ)

15年ぶりに、大阪に行ってきました。 広島から新幹線で約1時間半です。 私は、明光寺の "お

ANN’S COFFEE SHOP で朝食を

前回からの続きになります。 旅行中は3食とも全て外食ですませていたので、Santa Cruz

東京 おすすめ スポット 岡本公園民家園

今回の帰国で非常に楽しみにしていた『岡本公園民家園』へ行ってきました! 実は東京に住んでいた頃は岡

ゲッティンゲン コンディトライ Cron & Lanz

先日、ドイツ国内の友人から来月にゲッティンゲンに行くので オススメのお店等あれば教えて欲しいとメー

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した、ヴィラ クレメンティーネ。

BULLYSBAKERY – ノイケルン

ノイケルンにあるカフェ BULLYS BAKERY こちらも比較的、新しいカフェです。 今回

ロザンゼルス ベトナム レストラン Blossom と Mohawk General Store

長く、休みやすみ書いているので間があいてしまいましたが 「 旅 – America 」の続きです。


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未

長めの日本滞在

1ヶ月半と長く日本滞在していた夫が、一足早くドイツへ帰国。

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

Back to top