デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。
既に4年も前になるとは…

最近のような、遠い昔のような。
何とも不思議な感覚です。

ゲッティンゲンからヴィースバーデンに引っ越してからも
今後もあると思われる引っ越し。

「移動に最適な家具」でもって、「長〜く使える家具」を探し
続けていますが、なかなか見つかりません。難しいですね。

こちらは、その2013年に参考がてらコペンハーゲンで購入した
デンマークのインテリア雑誌。ALT INTERIØR MAGAZINE

ヴィースバーデンに引っ越したばかりの頃、久々に引っ張り出して
ページの写真を眺めながら思い出したのが、コチラの家具。

様々な商品が紹介されていた中で、一番印象的で欲しい!と感じたもの。
細いフレームに引き出しという、非常にシンプルなデザイン。

これだと、再び何処かに引っ越す時がきても、持ち運びは簡単そうです。

Keiji Ashimzawa for Frama と記載されているのですが

ケイジ アシMザワ ???
M (エム) は不要だと思うので、誤字でしょうね。
建築家の 芦沢啓治(Keiji Ashizawa)氏 デザインの家具です。

35,000krとありますが、デンマーク クローネがよくわからない為
改めて FRAMA でユーロプライスを確認すると5 715ユーロでした。

日本での販売だと、どの位のお値段なのか気になります。

他、引き出しの「木の種類」によってもプライスが変わってくるのかなと
思いました。

ALT INTERIØR MAGAZINE ですが、デンマークの雑誌だけあって
掲載されてる商品は HAY(ヘイ)Gubi(グビ)、muuto(ムート)
かなり目立ちます。(この号だけかもしれませんが…)

おまけに、広告はロイヤルコペンハーゲン。

もちろん雑誌なので、他社の広告ページも多くあるのですが、スタイリストや
ディレクター等がオススメする商品ページで、2名もロイヤルコペンハーゲンを
あげているのを見ると、広告主の中の一社だから?
な〜んて勘ぐってしまいました。

個人的には、MilK DECORATION(ミルクデコレーション)マガジンの方が
掲載ブランド商品アピールが、押し付けがましくないので、好きなのですが
この雑誌で、芦沢啓治氏のデザインを知る事ができたので、それはそれで
大変良かったなと思っています。

いつの日か実物を見て、商品を実際に触ってみたいです!

You might also like

デュッセルドルフ K21 STÄNDEHAUS(1)

先月末、念願だった K21 STÄNDEHAUS へやっと行ってきました! デュッセルドルフは

艾未未(アイ・ウェイウェイ)が釈放!

今年の4月3日に中国当局による不当逮捕で長期拘束されていた芸術家で人権活動家もある艾未未(アイ・ウェ

ペルガモン博物館

この夏に『ペルガモン博物館』に行った事を忘れていました… いつもで行けるや〜なんて思ってると行

久保舎己 (くぼ すてみ ) 版画集

ベルリンを拠点にアートコーディネーターとして活動されている河村恵理さんがコーディネートされた関係で知

旅で再び出会った本、あるヨギの自叙伝

皆さんは海外旅行の持ち物チェックリストの中に『本』は入っていますか? それとも旅に『本』は不要でし

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!

印象的なセルフ ポートレート

時々、波のように押し寄せてくる感情...『Facebook疲れ』 とはいっても私個人のであって、D

Sonntag Berlin

アメリカ人女性とドイツ人男性のアーティスト・カップルが今年の9月にスタートした『Sonntag』とい

オススメ! ベルリンのガイドブック

夏休みにベルリンに旅行に来られる予定の方、いつか旅行に行きたいと思っている方、短期・長期問わず住みた

戦時中の台湾 祖祖母 – 自分の頭でよく考える

友人数名に貸していた、山脇道子著の『バウハウスと茶の湯』が手元に戻ってきたので、再度読み直しました。


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

広島 安佐北町 はちみつ山 養蜂場

国産はちみつ、高いイメージありませんか? おそらく現在も、決して

ドイツで初めての干し野菜 

ドイツ生活で「干し野菜」を作ってみたい!という気持ちが長い間あったもの

ヴィースバーデン KAUFMANNS Kaffeerösterei

素敵だなぁ〜と思っていた店が、4ヶ月の日本滞在からドイツに戻ってきて、

青空が多い冬だけど、日本の家が寒すぎる

長めの日本滞在を終え、ドイツに戻って5日目。 毎日、早朝の4時あ

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • pinterest

Back to top