デンマーク インテリア雑誌 ALT INTERIØR

2013年、ベルリンから陸路で行ったデンマーク(コペンハーゲン)。
既に4年も前になるとは…

最近のような、遠い昔のような。
何とも不思議な感覚です。

ゲッティンゲンからヴィースバーデンに引っ越してからも
今後もあると思われる引っ越し。

「移動に最適な家具」でもって、「長〜く使える家具」を探し
続けていますが、なかなか見つかりません。難しいですね。

こちらは、その2013年に参考がてらコペンハーゲンで購入した
デンマークのインテリア雑誌。ALT INTERIØR MAGAZINE

ヴィースバーデンに引っ越したばかりの頃、久々に引っ張り出して
ページの写真を眺めながら思い出したのが、コチラの家具。

様々な商品が紹介されていた中で、一番印象的で欲しい!と感じたもの。
細いフレームに引き出しという、非常にシンプルなデザイン。

これだと、再び何処かに引っ越す時がきても、持ち運びは簡単そうです。

Keiji Ashimzawa for Frama と記載されているのですが

ケイジ アシMザワ ???
M (エム) は不要だと思うので、誤字でしょうね。
建築家の 芦沢啓治(Keiji Ashizawa)氏 デザインの家具です。

35,000krとありますが、デンマーク クローネがよくわからない為
改めて FRAMA でユーロプライスを確認すると5 715ユーロでした。

日本での販売だと、どの位のお値段なのか気になります。

他、引き出しの「木の種類」によってもプライスが変わってくるのかなと
思いました。

ALT INTERIØR MAGAZINE ですが、デンマークの雑誌だけあって
掲載されてる商品は HAY(ヘイ)Gubi(グビ)、muuto(ムート)
かなり目立ちます。(この号だけかもしれませんが…)

おまけに、広告はロイヤルコペンハーゲン。

もちろん雑誌なので、他社の広告ページも多くあるのですが、スタイリストや
ディレクター等がオススメする商品ページで、2名もロイヤルコペンハーゲンを
あげているのを見ると、広告主の中の一社だから?
な〜んて勘ぐってしまいました。

個人的には、MilK DECORATION(ミルクデコレーション)マガジンの方が
掲載ブランド商品アピールが、押し付けがましくないので、好きなのですが
この雑誌で、芦沢啓治氏のデザインを知る事ができたので、それはそれで
大変良かったなと思っています。

いつの日か実物を見て、商品を実際に触ってみたいです!

You might also like

Norio Takasugi (高杉憲央)GALERIE ALBRECHT

ノリオ君の first solo show のオープニングに GALERIE ALBRECHT へ

楽しめる ベルリン 北欧5カ国大使館

旧ブログから大半の記事をひっぱって、新ブログへの引っ越しを完了させたと思っていたのに、PLAY NO

オススメ! ベルリンのガイドブック

夏休みにベルリンに旅行に来られる予定の方、いつか旅行に行きたいと思っている方、短期・長期問わず住みた

フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。 ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽど

ryoji ikeda db – Hamburger Bahnhof

先月、Hamburger Bahnhof (ベルリン) で開催中だった ryoji ikeda db

ライプツィヒ 日帰り旅行 (2) グラッシィ工芸美術館

日帰り旅行でのメインとなる場所「グラッシィ工芸美術館」に行ってきました。 MUSEUM IM

MilK DECORATION(ミルクデコレーション)マガジン

去年の秋頃だったか、創刊された季刊誌『MilK DECORATION』(ミルクデコレーション)私はS

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 早めにと

実はどこかで繋がっている?

去年、9月に Schinkel Pavillon であった Gelitin のパフォーマンス。

Tate Modern – Gerhard Richter (ゲルハルト・リヒター) 展

Tate ModernにてGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)展を観に行きました!


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298
ビション フリーゼ 子犬に足の障害 引き取り不可…

ヴィースバーデンは、ここ数週間ほど連続して過ごしやすい気候。 さわや

ヴィンテージ ランプ 分解から組み立て完了!

購入時から、かなり汚かった デニッシュ・デザインの ヴィンテージ ラ

ヴィースバーデン おすすめカフェ ヴィラ クレメンティーネ

ヴィースバーデンで家探しをしている時期も含め、既に数回ほど 利用した

勉強しなきゃ! ドイツ 犬の本

先日、夫が犬の本を三冊ほど抱えて帰宅してきたのですが どうやら職場の

アントワープ旅行 ⑧ ホテル Hotel Diamonds and Pearls

アントワープで泊まったホテルが中心地にあり、移動に便利。 おまけに、

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top