ヒヤリ!猫が脱走 ako BERLIN にて

ベルリンを離れるという事で、今週は特に今まで気になっていたけど、まだ行ってないお店を中心に、お茶したり夕飯を食べに出かけています。

冷蔵庫の中を減らしていき、台所の半分は掃除しながら引っ越し準備に入っているので、このままベルリンを去る日まで「外食中心」になる予定。

今日は、プレンツラウアーベルクにある某インド料理のレストランで夕飯をしたのですが、人気の割には美味しくなかったので、残念だったねぇ〜と愚痴りながら、しょんぼり歩いて帰宅してたところ、知らなかったカフェを発見!

ako

入り口の扉にはネコのイラストが書かれており、店内にはネコがいました。プレンツラウアーベルクにも新たに猫カフェ?と思いながら、既に閉店時間だったのですが、入り口のドアをノックをし少しだけ開けて、スタッフの方と立ち話。

あれこれ質問してる途中、いきなり店内のフロアに寝転んでいたはずのネコが、ものすごいスピードで、少し開いてたドアの隙間から逃げ出してしまったのです。スタッフは3名いらっしゃったのですが、1名を店内に残し、猛ダッシュでネコを追いかけ出て行きました。

私も頑張って追いかけたものの… 全く追いつきません。罪悪感というか責任を感じ、ヒヤヒヤしていたところ、幸運にも数分後にスタッフが捕まえ、抱きかかえて店に戻ってきました。

このようなハプニングがあったにも関わらず、イヤな顔ひとつもせず、丁寧にいろいろ説明を続けてくれたのでした。猫カフェですか?という質問に対して、猫カフェではなく貸しスペース兼カフェ。冬の期間はネコは店内にいつもいるそうです。※ 夏場はネコはいたりいなかったり。

お店の名前が ako BERLIN で 『ako』というので、日本のお店と間違えられる事が多いのだそうです。韓国人の女性が運営するお店です。

ゲッティンゲンに引っ越した後もベルリンに来る機会があると思うので、チャンスがあれば行ってみようと思います。

それにしても、『猫が行方不明』状態にならなくて本当に良かったです!
久々に冷や汗かきました。(苦笑)

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

昔から食器類は人に割られてしまう…

タイトル通りなのですが 昔から食器類は人に割られてしまいます。 過去の例で言うと、ウチに泊ま

80年代 オールドグッチの説明書は手書き印刷!

かなり昔から(現在も)母の衣類収納スペースに保管してある オールドグッチのハンドバッグ。 1

手作り ポーランド パン

どこの国の人も生まれ育った国 の食べ物が恋しくなるようですね。 私が広島焼きを無性に食べたくな

カラスに襲われた記憶がよみがえる…

数日前から17時近あたりになると、カァ〜〜カァ〜〜と外からカラスの鳴き声がしはじめて、あっと言う間に

帰国したら、街はすっかりクリスマス風景!

2ヶ月近い、一時帰国を経てドイツ(ゲッティンゲン)に帰国しました。 街並はすっかりクリスマス!

メゾネット部屋 猛暑日はサウナ状態かも

ここ数日、本格的に夏到来! といった暑さ。 今日、最高気温は32度まで上がるようで、既に朝か

お酒が強くなる一方で、ホロリと酔えなくなる

このブログで何度か書いた事があるので、内容が重複するようで申し訳けないのですが、私は日本にいた頃、ビ

楽しめる ベルリン 北欧5カ国大使館

旧ブログから大半の記事をひっぱって、新ブログへの引っ越しを完了させたと思っていたのに、PLAY NO

スケジュール調整にとっても便利!Doodle

やっと半袖(ノースリーブ)にサンダルで 外出が可能な気候になりました! 5月に入っても寒い日

初めてベルリン以外でビザ更新 ②

初めてベルリン以外でビザ更新 ① の続きです。 3回目のビザ更新をベルリンでした際、3

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top