艾未未(アイ・ウェイウェイ)が釈放!

posted on : ◎ デザイン / アート / 博物館

今年の4月3日に中国当局による不当逮捕で長期拘束されていた芸術家で人権活動家もある艾未未(アイ・ウェイウェイ)が無事!? 釈放されました。

なぜ無事の後ろに「!?」を入れたかというと、私は数紙の新聞でアイ氏の顔写真を見て「よかった〜!拷問を受けた様子はなさそう!」と言った私の言葉に、友人が拷問というのは暴力以外にもいろいろな方法があると指摘したためです。

私は浅はかにも見えている部分だけに、目立つような傷やあざがないだけで、そう言ってしまったんですね… 噂ですが、睡眠を取らせない拷問を受けた憶測もあがっています。

拘束されてた期間にどのような状況だったのかを知るには、まだ時間がかかるかもしれません。Newsweek日本版によると、アイ氏は今後1年間、電話やツイッター、国外だけではなく、北京市内での移動についても当局に居場所を報告しなければならないとありました。

ai01
ここ最近、ギャラリーのオープニングやイベントが多いのですが、先日出会った女性フォトグラファーとアイ・ウェイウェイが釈放された話題になったのですが、彼女は “アイ・ウェイウェイは私のヒーローである” と何度も言っていました。そして、私にとってもアイ氏はヒーローです。

以前、ART it / 艾未未(アイ・ウェイウェイ)後編 を読んで、屈服しない彼の活動姿勢、そしてブログもツイッターも英語ではなく、なぜ中国語で発信していたのかの理由に非常に感動したのでした。

ai02
上の画像は今年の4月に Neugerriemschneider の入り口付近で撮影したものです。

アイ氏が消息不明だった当初、ベルリンでは彼が何処にアトリエ購入したのか、私の周囲でも大きな話題でした。ニュースでは”開設する計画”とありましたが、実際は購入済だったとも聞いています。(詳細は不明)

アイ氏が中国にいながら今後、自由な表現活動ができるとはとうてい思えません。まだまだ時間がかかりそうな気もします。しかし、以前、通っていたドイツ語の語学学校で先生が生徒1人1人に”中国が民主化になるのにあと何年かかるか?”と質問した出来事をふと思い出しました。

私は10年は軽くかかると即答。しかし、先生は私の返答にそれは長過ぎる!と言い放ち、笑顔で”5年以内”と答えたのでした。今年、来年と中東民主化ドミノとなれば、本当に大きく中国が変化していくと思いますが… どうでしょう。

You might also like

アントワープ旅行 ⑥ 眺め最高!MAS(Museum Aan de Stroom)

建築見学と最上階の展望台目的で、アントワープの 複合ミュージアム、MAS に行ってきました!

V&A Museum of Childhood(V&A子供博物館)

たまたまギャラリー探しで散歩中に見つけたロンドン・イーストエンドにある V&A Museu

Museum Wiesbaden ヴィースバーデン 博物館

家探しをしていた頃から、早めに行こうと思ったいた ヴィースバーデン博物館。 早めにと

ワイマール バウハウス大学 見学

ヴァイマー ( ワイマール ) バウハウス大学を見学

バウハウス Haus am Horn (ハウス アム ホルン) につづいて、バウハウス大学も行って

ハンブルガーバーンホフの常設展

現代美術好きにはたまらない?! ヨーゼフ・ボイスやウォーホルの作品がみれる「ハンブルガーバーンホフ

フランクフルト コミュニケーション博物館

家探しの時期、よく行っていたフランクフルト市内。 ヴィースバーデンに居を構えてからは、よっぽど

ペルガモン博物館

この夏に『ペルガモン博物館』に行った事を忘れていました… いつもで行けるや〜なんて思ってると行

クリムト ウィーン 美術史美術館

ウィーン美術史美術館と館内のカフェ

ウィーンで卓球したくなったらココ! の続きとなります。 ウィーン大学で研究職をしているドイツ

Sonntag Berlin

アメリカ人女性とドイツ人男性のアーティスト・カップルが今年の9月にスタートした『Sonntag』とい

NOA ESHKOL ダイナミックなウォール カーペット

Dance composer であり、テキスタイルアーティストのNOA ESHKOL(ノア・エシュコ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top