ロシアのそろばん にうっとり

posted on : ヴィンテージ記録帳

私自身にコレクター癖はありません。ただ、数年前から見たら興奮して、つい購入してしまうモノあります。それが、この『ロシアのそろばん』

初めて見た場所は西側の蚤の市。画像にはないのですが、ボロボロの状態の上、ホコリが全体に張り付いている状態。それでも木目の美しさに引かれ、買ってしまいました。

abacus01

その後は、あれば買い足しているのですが、そうそうないので数は殆ど増えていません。

実は、1度だけミカン箱よりも少し大きいくらいのビッグ・サイズのロシア式そろばんを、同じ蚤の市で売っているのを見かけた事があるのですが、これは見てみないフリをして、そのまま帰宅しました。

買っておけばよかったかなぁ〜、なんて後から思ったものの、実際に何処に置けるの?というサイズだったため、後悔の嵐という心境までは至っていませんが、正直に言うとなかなか忘れることができません。

abacus02

使い方はいまだに全くわからず… ただ、飾って「うっとり」しているだけです。

ロシア語で書かれている紙のシールが貼ってあれば、なおさらOK!全てにラベルがあるわけではなく、時代経過で剥がれちゃって無いものもあります。

abacus03

使用方法と同様、何が記載されてるのかもわからず。
数がある程度、集まったら販売してもいいなと考えています!

abacus04

ロシアのそろばんは、販売後にSOLD OUT
になりました。ありがとうございました。

You might also like

紙で残したい用のアルバム

非常にコンディションの良い60年代のアルバムを見つけました! こちらは未使用のまま長期

Haldenwanger Berlin

Haldenwanger社のアポテケ 小皿 2個セット販売スタートしました。 下の画像

真鍮クリップを使う

最近、1度開封した袋を留めるのに、木製の洗濯バサミから ヴィンテージの真鍮クリップに変えました。

メリタのコーヒーフィルターとケメックス

ヴィンテージ・メリタの陶器製フィルターをオンラインショップ DILL objects / 現在リニ

ヴィンテージ クリスマス キャンドル

11月に入り、蚤の市もクリスマスを意識しての商品が多いものの、なかなか素敵なヴィンテージのオーナメン

エノク・ウェッジウッドの魅力

日本でも超有名で知名度も高いイギリスの陶磁器メーカー、ウェッジウッド。(Wedgwood)ところで、

デンマーク DIGSMED DESIGN キャンドル

10月下旬あたりから蚤の市では少しづつクリマス・グッズ販売が増えはじめ、11月に入り本格的にシーズン

ヴィースバーデン eigenart7 ヴィンテージ ストア

ベルリンだと多い、ヴィンテージを扱うインテリア ショップ。 私はベルリン時代、蚤の市だけではなく、

メリタ フィルターペーパー 比較してみました!

先々月、DILL objects のお客様のひとりでもある I 氏より、問い合わせが来ました。 ド

春暁陶器 フレームクッカー から炊きOK? 超耐熱陶器鍋

もっと早く出てきてほしかった... 母が家の倉庫から出してきた未使用の片手鍋を じっと見つめ


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'filter_media_comment_status' not found or invalid function name in /home/dill-objects/dillobjects.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286
やっと初乗車!ヴィースバーデン ネロベルク鉄道(2)

ネロベルク鉄道(1)の続きです。 Nerobergbahn駅の近

鉄道マニア必見?! ネロベルク鉄道(1)

本日使用している全ての画像は、ゲッティンゲンから ヴィースバーデンに

日本滞在終了!ドイツへ再び…

日本滞在中、そしてドイツに戻った以降もブログを放置しておりまし

再び日本へ 危険な暑さの日々…

先月、フランクフルト空港からルフトハンザ機で 帰国(一時帰国)しまし

ヴィースバーデン アフガニスタン料理 FASAN

一時帰国するたびに、聞かれる質問で多いのが 「和食(日本食)、恋しく

  • follow us in feedly

  • DILL objects profile

  • DILL objects on pinterest

  • DILL objects on Hiroshima info

Back to top