第65回ベルリン国際映画祭

posted on : □ 映画のあれこれ

1月の中旬あたりから、バス停や駅など、様々な場所に街中、張り出されていた『第65回ベルリン国際映画祭』のポスター。

2月5日からかぁ…と思いつつも、気付いた頃はもう後半!
今週末で終了です。

65

今年のポスター を初めて見た時は、今回の映画祭ポスターは熊ではないんだ、となんだか淋しい気持ちになりました。

クマクマしてるイメージがこびりついていましたから。

ちなみに、上画像の左側はBIOマルクトの店内に並んでいた、zitty BERLIN の表紙で、ポスターではありません。

今回、オープニング作品は、ジュリエット・ビノシュ主演、イザベル・コイシェ 監督の『Nobody Wants the Night』(ノーバディ・ウォンツ・ザ・ナイト)

私はジュリエット・ビノシュの大ファンなのですが、年齢に抵抗せず、ハリウッド女優にありがちなボトックスで肌をパツパツに張らせることもなく、エイジレスに固執しない姿勢が特に好きです。

6年前にはBunkamura シアターコクーンで上演されたジュリエット・ビノシュと、振付家のアクラム・カーンが共同演出・出演した舞台「in-i(イン・アイ)」に1人で行きました。

舞台「in-i(イン・アイ)」の感想を語ると、すごく長くなるので、またの機会にしたいのですが、最近はまだ観ていない『おやすみなさいを言いたくて』(原題:A Thousand Times Good Night)が気になっています。

映画祭のオープニングを飾った『Nobody Wants the Night』ですが、観に行った人から、名前は覚えていないけど主演に日本人の女優さんがいたよと教えてくれました。

私は菊池凛子さんが主演している事を知らず、予告も観たにも関わらず、最初は全く気付かなかったのです。もう一度 You Tube でトレーラーを観なおして納得したのでした。クレジットもよく見ず、イヌイット役だったから、すぐにわからなかったのだと思います。

海外で活躍する日本人の女優さんが少ない中、菊池凛子さんの活躍はすごく嬉しいです。『おやすみなさいを言いたくて』と『Nobody Wants the Night』両方とも観る予定でいます!

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

You might also like

シルクが似合う女

最近、地下鉄でみかけたジョシュア・ベルのコンサート・ポスターでふと思い出した映画「ラヴェンダーの咲く

映画 her / 世界でひとつの彼女

映画 her / 世界でひとつの彼女 を観た母の感想

『全然面白くなかつた』『金返せだつた』 これは、母の短いメールでスパイク・ジョーンズ監督・脚本によ

原爆投下から70年 映画 黒い雨

今日は広島原爆投下から70年になります。 ドイツ時間の昨晩深夜にネットから平和記念式典営の様子

小さな映画館 LUMIER で エクス・マキナ を観た!

日本の映画料金よりも安いので、ベルリンに住んでいた頃は映画館へよく行ってました。まず、10ユーロを超

壁の色と壁紙の関係

今年の5月6月とアルトバウ (築100年以上の古い建物) 中心に家探しにあけくれていました。本当にい

毒親の連鎖 映画「8月の家族たち」

新作映画ではないのですが 今年のはじめに観た映画『8月の家族たち』の紹介です。 この映画に、

映画『ビフォア ミッドナイト』

オーストリアで、映画『ビフォア ミッドナイト』を思い出す

今日は オーストリアで11世紀の要塞城に宿泊(3) の続きはつづきなのですが、前回、詳細は「次の記

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語の映画化 メッセージ 原題はArrival

テッド・チャンというSF作家をご存知でしょうか? 私は11月11日に米国公開されるこのTraile

黒澤監督の「夢」の最終章「水車のある村」

蛍光灯の光がどうも苦手です。 私と同じように蛍光灯の光が嫌いな方、決して少なくないと思います。

ゲオルク・トラークル から ギュンター・アイヒ

ある日、オーストリア人の友人から「Georg Trakl (ゲオルク・トラークル) を読んだ事がある

アントワープ旅行 ③ 美しすぎるアントワープ中央駅

アントワープ旅行 のつづきです。 BRUSSEL-NOORD(ブ

アントワープ旅行 ② リエージュ=ギユマン駅構内の美しさ

アントワープ旅行 のつづきです。 Köln(ケルン)から Aac

アントワープ旅行 ① DB(ドイツ鉄道)に乗り遅れる

急に何処かに行きたい!という衝動に駆られ、ドイツ国内の Konstan

前日に決めた アントワープ旅行

初めてのベルギー、アントワープ(アントウェルペン)へ行って

カフェにBGMはいらない

何処もかしこもカフェだらけのパリですが、中心地には 一体、何軒のカフ

  • DILL objects profile

  • pinterest

  • follow us in feedly

  • manos

    manos

    naokoogawa

    nanamina

Back to top